最 新 情 報

浦商ブログ

「ぽん太のタヌキ日記」65 子ダヌキの引っ越し

みなさん!こんにちは!タヌキの”ぽん太”です!

「ぽんたのタヌキ日記」 65

 子ダヌキの引っ越し

 テニスコートの脇にあるU字溝の穴から今年産まれた子ダヌキをくわえて出てきたところを撮影されちゃいました。子ダヌキは、コートの奥にある雑木林へ移動したんだ。野生の動物たちは、産まれた子どもを守るために、ときどき巣穴を移動して天敵の目を欺くことをするよ。最近は、同じ場所でアライグマのファミリー(今年子どもが6頭産まれたんだ)が行動していて、僕らタヌキにとってはとても気になる存在なんだよ。ポンポコ!

 

アライグマ(アライグマ科)(撮影6月9日)

タヌキに似ているけれど、全く別の動物なんだよ。目立つ特徴は、耳の縁が白いこと、眼のまわりの黒いマスクがはっきりしていること、尾にシマシマがあること、指が長く、人間の手のようにエサを食べるときも上手に使うこと、木登りが上手なことなど。今年は6頭、去年は確認できず、一昨年は5頭の子どもを産んでいる。ペットとして持ち込まれた個体が逃げて各地で繁殖している。特定外来生物に指定されていて、在来種への悪影響が心配されています。

 

※「ぽん太のタヌキ日記」は、校内や隣接する白幡沼周辺に生活するタヌキたちの様子をご紹介する記事です。2021・2022・2023・2024年と続けて子ダヌキが産まれ、毎年4~7頭のタヌキファミリーが観察されています。タヌキたちが生息できる素敵な環境を大切にしたいと思います。記事は随時更新をしています。

3年生進路ガイダンス(分野別説明会)

6月10日(月)3・4限に3年生向けの分野別進路ガイダンスが行われました。

就職希望者には、進路指導主事の先生から就職活動の流れや外部講師の先生から志望理由の書き方などを説明していただきました。

 

進学希望者には、外部講師の先生から志望理由書や小論文の書き方について、進路の先生から進学活動の流れについて説明していただきました。

 

公務員希望者には外部講師の先生より公務員対策講座が開かれ、生徒達も熱心に問題に取り組んでいました。

各分野で徐々に進路への気持ちも高まってきたのではないでしょうか。よく保護者の方とも話し合い、自分主体で進路を決め、頑張ってください。保護者の方も、先生方もみんな応援しています。

租税教育(1学年)

6月10日(月)3・4限に、税理士の近藤様より租税教育についての講演がありました。大学の授業料など高いが、授業料など無料にし、その分消費税を増税するという公約を掲げるような人がなぜ立候補しないのかや、奨学金の種類など、様々な視点から税金が果たす役割について分かりやすくお話してただきました。1年生にとっても貴重な時間になったのではないでしょうか。近藤様ありがとうございました。

 

「ぽん太のタヌキ日記」64 クワの木下の大追跡

みなさん!こんにちは!タヌキの”ぽん太”です!

「ぽんたのタヌキ日記」 64

クワの木下の大追跡

浦商の食堂横にあるクワの木カメラの映像です。今回はタヌキとハクビシンが鉢合わせしちゃったときの映像なんだ。ハクビシンとタヌキは、どちらも甘い実が大好きだから、木の下でバッタリ出会っちゃう事が時々あるけど、だいたいはタヌキが大きな顔をしてハクビシンを追い払っているよ。今回は長時間の追跡行動をカメラがバッチリとらえていて、とても貴重な映像になっているから最後まで見てね!(最後にオチもあるよ!)ポンポコ

 

 

白幡沼の雑木林にて、珍しい大型のガ「オオミズアオ」がいたよ

 

※「ぽん太のタヌキ日記」は、校内や隣接する白幡沼周辺に生活するタヌキたちの様子をご紹介する記事です。2021・2022・2023年と続けて子ダヌキが産まれ、毎年4~7頭のタヌキファミリーが観察されています。タヌキたちが生息できる素敵な環境を大切にしたいと思います。記事は随時更新をしています。

 

※校内で僕たちタヌキやほかの野生動物に出会ったら、騒がずに遠くから見守って下さい。近づいたりエサをあげるのはやめようね。もうそろそろ子ダヌキが誕生する季節です。出会った時間や場所を理科の先生に教えてあげると喜ばれるよ!

「ビジネス・マネジメント」の授業で探究!

2年生の「ビジネス・マネジメント」という授業では、「スモールスタート」という探究学習プログラムに取り組んでいます。

「同世代の日常を変える新商品」をチームで考えていく探究学習です。

今回の授業は、チームごとに新商品の素案のプレゼンテーションを行いました。

ユニークなアイデアも多く、今後どのような商品になっていくのか、とても楽しみです。