校長室より

校長ブログ

【校長ブログ】第1回学校評議員会・学校評価懇話会

 6/26(水)、第1回学校評議員会・学校評価懇話会が開催されました。
 
 学校評議員会では、5名の学校評議員の皆様に対して、校長が学校経営方針や学校自己評価システムシートの説明をしました。なお、学校経営方針や学校自己評価システムシートは、本ホームページの「校長室」よりのトップにアップロードしております。
 
 その後、学校評議員の皆様からご質問やご意見をいただくとともに、学校が回答をいたしました。また、指導助言をいただきました。

【主な指導助言(文責:校長)】
〇 生徒がしっかりしているので、生徒募集において、生徒による中学校訪問を実施してはどうか。
〇 3年生が、検定試験3種目以上1級取得者50人以上を目指しているようなので、賞品や賞状を贈呈してはどうか。(「賞状を贈呈する予定」と回答)
〇 時代のニーズに対応し、AIやICTを積極的に活用した教育活動を行うべきである。
〇 中学校側としては、様々な高校に関する情報が手に入るので、高校の先生による中学校訪問は大変ありがたい。

 続いて、生徒会長、副会長2名の計3名を加えて、学校評価懇話会を開催しました。

【主なやり取り(文責:校長)】〇学校評議員 ◇生徒
〇 生徒から見た、学校の様子を教えてほしい。
◇ ルールやマナーを守れる生徒が多い。生徒は学校行事に積極的である。検定試験の学習に皆熱心に取り組んでいる(でも大変である)。特に3年生は進路実現に向けて熱心に取り組んでいる。
〇 学校行事は積極的に取り組んでいるようだが、どのようにか。
◇ 体育祭や文化祭は、生徒が企画運営をしている。体育祭は、縦割りのチーム編成をして、学年を超えた交流を目指している。
〇 生徒会として主体的に学校行事に取り組んでどうなったか。
◇ 学校を動かせるようになった。皆が協力してくれている。
〇 球技大会ではドッチボールを行うようだが、誰かを集中して狙うなどの行為はないのか。
◇ 優しい生徒が多いし、皆ルールやマナー守って楽しくやっている。
〇 ネットによるいじめはないのか。
◇ 他人が嫌がることはアップしないことを皆わかっている。SNSは仲の良い人としかやり取りしていない。既読になっていなくても、「忙しいのだろう」と思い、気にならない。
〇 スマホは学校ではどう扱っているのか。
◇ 電源を切って自分のロッカーに入れて管理している。時々、音が鳴ってしまい、先生預かりになることもある。
〇 商業の検定は難しいのか。
◇ 難しいが、中学生時代に勉強しなかった内容なので、新たにスタートを切って勉強できるのでやりがいはある。
〇 進路は保護者と相談しながら決めるのか、それとも自分だけで決めるのか。
◇ 人それぞれだと思う。自分は保護者とは十分話し合いをしているので、進路に関する意見は一致している。