校長室より

校長ブログ

浦商生がテレビに出演④【校長ブログ】

埼玉県のホームページに、いよいよ明日(10/30[土])に迫った第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)を紹介する「県政広報テレビ番組『いまドキッ!埼玉』」(テレ玉)の告知がされていました。

この番組は、さんフェア埼玉開催日である10/30(土)の午前8時30分~9時の間に放送されます。内容は、同番組の佐藤葵リポーターが、埼玉県の偉人である渋沢栄一翁の研究発表やVR(仮想現実)づくりに挑戦した浦和商業高校と浦和工業高校を訪問したレポートです。ぜひご覧ください。

県政広報テレビ番組「いまドキッ!埼玉」~いよいよ開催!第31回全国産業教育フェア~

さんフェア埼玉2021「リハーサル」【校長ブログ】

10/29(金)、いよいよ明日(10/30[土])に開催が迫った第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)のリハーサルがウエスタ川越で行われました。

開閉会式のリハーサルでは、本校生徒会長にして、さんフェア埼玉2021生徒実行委員会の吉野副委員長が開会式の閉式宣言、閉会式の御礼の言葉の練習をしていました。

また、生徒交流イベントのリハーサルには、浦商の吉野副委員長と中村委員が参加しました。明日、二人はGoogle社のミラー氏との対談、そして、中村委員は対談後の御礼の言葉を担当します。がんばってください。

※さんフェア埼玉2021の浦商生の活躍場面 → こちら

【写真】閉会式リハーサルで御礼の言葉を述べる吉野副委員長

「さんフェア埼玉2021」いよいよ開幕【校長ブログ】

10/30(土)、いよいよ第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)がオンラインにて開催されます。

以下、浦商生の活躍の場面(見どころ)を紹介します。

 

 (8:30- テレ玉「いまドキッ!埼玉」 渋沢シンポに取り組む浦商生や渋沢VR体験に取り組む電脳部を紹介)

 9:55- 「総合開会式」 浦商生が生徒実行委員会副委員長として登壇するとともに閉式宣言(~10:30)

10:00- 「全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト」 浦商生3名が選手として出場(~11:30)

13:00- 「全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト」 浦商生2名が選手として出場(~14:30)

13:30- 「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」 浦商生が司会3名、プレゼンテーター7名、シンポジスト1名として参加(~15:00)

13:50ー 「生徒交流イベント」 浦商生徒実行委員会委員2名がGoogleのミラー氏と対談、御礼の言葉(~14:10)

14:30- 「総合閉会式」 浦商生が生徒実行委員会副委員長して登壇するとともに御礼の言葉(~15:00)

15:00- 「メモリアルアトラクション」  浦商生2名が生徒実行委員会企画に参加(~15:30)

※ その他、浦商電脳部4名が「渋沢栄一の軌跡VR体験」のナビゲーターとして参加(ウエスタ川越にて)

 

【さんフェア埼玉2021】さんフェア埼玉2021は、オンライン開催です。

https://sanfair2021.spec.ed.jp/  ← 「さんフェア埼玉2021特設サイトはこちらから」のバナーをクリック

※ ライブ配信を見逃しても、来年の3月末までオンデマンド配信で視聴できます。

 

 

 

浦商吹奏楽部が動画出演【校長ブログ】

2年間開催ができずにいる「浦和区民まつり」が、この度、代替え企画「#つながる浦和」サイトをオープンしました。

この中で、浦商吹奏楽部が動画出演しています。

ぜひご覧ください。

https://www.urawakuminmatsuri.jp/

※浦商吹奏楽部の動画は、このサイトの「つながる浦和発表動画」の中程にあります。

浦商生がテレビに出演③【校長ブログ】

以前、この校長ブログで、テレ玉が10/15(金)に、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)の「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」(渋沢シンポ)に取り組む生徒たちの授業(第4限)を取材に来てくれたことを紹介しました。

その日の放課後、テレ玉は、さんフェア埼玉2021において「渋沢VR体験」に取り組む、電脳部(コンピューター部)の取材にも来てくれました。

「渋沢VR体験」は、さんフェア埼玉2021に来場された川越市内の小中学生に、VRゴーグルをつけてもらい、VR(仮想現実)の中で、渋沢翁の功績の説明を受けたり、渋沢翁の生家を訪問したりしてもらうものです。リコージャパン株式会社や株式会社ダイナモピクチャーズの指導や支援のもと、コンテンツづくりは浦和工業高校が、ストーリーづくりやナビゲーターは浦和商業高校が担当しました。

しかしながら、さんフェア埼玉2021は、コロナ禍によりオンライン開催となったため、渋沢VR体験のお披露目はコロナ禍の収束後となります。浦商は、いずれ浦商近隣の小中学生にVR体験をしてもらおうと考えています。

テレ玉の取材の様子は、渋沢シンポと同様に、10/30(土)の午前8時30分~9時の間に、テレ玉「いまドキッ!埼玉」で放映されます。ぜひご覧ください。

 

【写真】1枚目:レポーターの佐藤葵さんからの質問に答える浦商生、2枚目:浦商生のナビゲートによって、皆でVR体験(ゴーグル付けた人は今、別世界にいます。)

 

 

ボート部OB・OGから激励費【校長ブログ】

10/19(火)、ボート部関東大会出場に向けた、全校挙げての壮行会が行われました。

その放課後、ボート部OB・OG会の奥田会長様が浦商ボート部に対して、激励費を贈呈してくださいました。

壮行会の中で、私(校長)は「チーム力が個人の持つ能力を最大限発揮させる。」旨の言葉を贈りました。このチーム力の中には出場する選手以外の選手・生徒や指導者等、そして、OB・OGの支援があることを忘れずに、出場する選手には良いパフォーマンスを発揮してもらえればと期待します。

 

【令和3年度関東高等学校選抜ボート大会(10/30[土]・31[日]@河口湖漕艇場)】

 詳細はこちらで!

 

浦商生がテレビに出演②【校長ブログ】

本日(10/15[金])、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)の企画「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」(渋沢シンポ)に取り組む、浦商生の授業(成果発表会)をテレ玉が撮影に来ました。

渋沢シンポに取り組むのは、2年1・2組の選択科目「総合情報実習」の生徒たちです。

本日は、2年1組の研究成果の発表会の様子を撮影してもらいました。

テレビカメラやテレ玉の関係者、レポーターの佐藤葵さんが撮影・見学する中、生徒たちは緊張していたものの研究成果を十分に発揮できました。

発表会後の振り返りの中で、「渋沢翁について深く学ぶことができた。」や「この仲間と研究ができてよかった。」、「発表している時、皆がうなずいたり反応してくれたりしたのがとても心地よかった。」などの感想が寄せられました。

10/19(火)には、2年2組の発表の様子をテレ玉が撮影に来ます。加えて、21(木)には、浦商学校評議員であり、渋沢スピリッツを受け継ぐ起業家でもある、南まゆ子様が2年2組の成果発表会を御覧になり御指導をくださいます。2年2組の生徒も頑張って成果を発表してください。

なお、この発表会の様子は10/30(土)の午前8時30分~9時の間に、テレ玉「いまドキッ!埼玉」で放映されます。

【埼玉県の起業家インタビュー「想いをカタチに」(第1回:南まゆ子さん)】

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0803/katachini/201706.html

【写真】1・2枚目:成果発表会の様子、3枚目:さんフェア埼玉2021「渋沢シンポ」出場生徒へのインタビュー

 

 

浦商生がテレビに出演①【校長ブログ】

 オンライン主体で開催される第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)に関連して、浦商生がテレビに出演します。

 なお、さんフェア埼玉2021は、さんフェア埼玉2021のサイト( https://sanfair2021.spec.ed.jp/ )から、10/30(土)はYouTubeライブ配信にて、以降はオンデマンド配信にて視聴できます。

【浦商生がテレビに出演①】
1 番組名  「マチコミ」(テレ玉) https://www.teletama.jp/machicomi/

2 日 時  10/15(金) 午後4時30分〜  

3 概 要  生徒実行委員会がさんフェア埼玉2021の説明やPRを行います。浦商からは生徒実行委員会副委員長(浦商生徒会長)が出演します。

世界史ビブリオバトル開始!【校長ブログ】

10/11(月)第1限、2年1組で世界史ビブリオバトルが行われました。今回は、グループ(4~5名)に分かれて、グループ内チャンプ本を決定する取組です。

一人5分間の持ち時間で、自分の読んだ世界史に関する本を紹介して、聴き手に紹介された本を「読みたい」と思わせます。

5分間の紹介に対して、生徒は「5分間はきつい」とぼやいていましたが、皆、読み原稿に頼らず、自分の言葉で自分の一推し本を紹介をしていました。そして、聴き手の生徒たちはうなずいたり、「なるほど」とつぶやいたり、皆で笑って反応したりと、積極的な傾聴をしていました。まさに、発表者と聴き手が一体となったビブリオバトルでした。

2年1組は、明日(10/12[火])第5限、各グループで選ばれたチャンプ本について、クラス全体に対して発表が行われます。クラスチャンプ本には、いずれの本が選ばれるでしょうか。楽しみです。

【写真】1枚目;グループごとのビブリオバトル、2枚目;チャンプ本決定の瞬間(推しへ投票用紙を渡す)

 

昼食時の注意【校長ブログ】

浦商では、10/4(月)から通常授業が再開されました。

引き続き「3密(密閉・密集・密接)」を避けて、「3つの徹底」(マスク着用・手洗い・消毒)を心掛けることはもちろんですが、特に部活動(更衣や行き帰りも含む)とともに昼食時の感染防止対策の徹底が大切です。

昼食は自席で、個食・黙食とし、会話は食事が終わってマスクを着用してからにしてください。

 

ミニ学校説明会(10/2[土])【校長ブログ】

コロナ禍と台風接近によって開催が危ぶまれましたが、本日(10/2[土])、ミニ学校説明会を行いました。

 

【時間帯】

1 午前9時~    17組参加

2 午前11時~    15組参加

3 午後1時30分~   8組参加

4 午後3時30分~  10組参加

 

【内容】

1 校長あいさつ~3つの伝えたいこと~

2 学校概要説明~教頭~

3 質疑応答(全体)・個別相談(任意)

 

【写真】学校概要説明(教頭)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【次回以降】

〇11月 6日(土) 第1回学校説明会→[申し込み]メニュー「中学生の皆様へ」(10/6水・午前8時30分より)予定
〇12月18日(土) 第2回学校説明会
〇 1月29日(土) 第3回学校説明会

※それぞれ1か月くらい前から、本ホームページにて募集を開始します。

浦商祭第2日【校長ブログ】

埼玉県の緊急事態宣言が解除となった初日である10/1(金)、2年生が午前中に登校し浦商祭に参加しました。

1・3年生はGoogle Meet(テレビ会議システム)を用いて、自宅から出欠点呼や面談等を行いました。

2年生は、第1日に参加した生徒からのアドバイスなのでしょうか、ペンライトを持参した生徒がたくさんいました。前日(9/30[木])の吉野生徒会長の開祭式のあいさつ「コロナ禍の影響で浦商祭を縮小せざるを得ず悔しい。でもできる限り楽しみましょう。」が通じたのだと思います。

【写真】声を出せないので、ペンライトで盛り上がりを演出する2年生(浦商生の工夫)

 

浦商祭第1日②【校長ブログ】

9/30(木)、午前中は1年生、午後は3年生が登校し、体育館で発表や動画を視聴しました。

コロナ禍のため制約条件が多い中での文化祭ですが、生徒はそれなりに楽しんでいたようです。

制約条件の中で、知恵を出し汗をかき協力し合って最高のパフォーマンスを発揮するという浦商らしい文化祭となっています。

明日は、2年生の登校です。

【写真】①司会進行(開祭式)、②動画視聴(演劇部)、③動画視聴(茶道部)、④体育館へのエントランス

浦商祭第1日①【校長ブログ】

9/30(木)、第70回浦商祭第一日が始まろうとしています。

今日は、午前中が1年生、午後が3年生の登校となります。それぞれ体育館で開祭式を行い、ステージ発表や動画を視聴します。また、校内では随所で展示も行われています。

コロナ禍の制約条件の中で最高のパフォーマンスを発揮する、浦商らしい生徒が主体的に気づき考え行動する文化祭となることを期待します。

【写真】①校内展示(漫画研究部)、②校内展示(華道部)、③本日登校しない2年生はオンラインで出欠点呼@職員室

ミニ学校説明会(10/2[土])のお知らせ【校長ブログ】

 ミニ学校説明会①②③④(10/2[土])を開催します。

 ただし、説明内容は、8月に実施したミニ体験入学①②③(8/19[木]・8/26[木])と同じになります。

 なお、このミニ学校説明会の内容は、年間計画で予定されている本校の学校説明会(11/6[土]・12/18[土]・1/29[土])とは異なります

 

1 日程:10月2日(土)

(1)〔受付〕午前8時40分~ 〔開始〕午前9時 〔終了予定〕午前10時(定員:30組)

(2)〔受付〕午前10時40分~ 〔開始〕午前11時 〔終了予定〕正午    (定員:30組)

(3)[受付]午後1時10分~ 〔開始〕午後1時30分 〔終了予定〕午後2時30分 (定員:30組)

(4)[受付]午後3時10分~ 〔開始〕午後3時30分 〔終了予定〕午4時30分 (定員:30組)

 

2 内容

(1)あいさつ(20分、校長)

(2)学校概要説明(30分、教頭)

(3)個別相談(希望者のみ、校長・教頭対応)

※ 「登録フォーム」にて事前質問をいただければ、御記入のメールアドレスへ回答もできます。

※ ミニ学校説明会後、info@urawa-ch.spec.ed.jpへ質問をいただければメール返信にて回答もできます。(その際は、中学校名・氏名を忘れずに記入してください。匿名の場合は回答いたしかねます。)

 

3 諸注意

(1)スリッパ等をご持参ください。

(2)感染症対策などの理由により急遽説明会の開催を中止することもございます。

ついては、お出かけ前に本校ホームページを確認のうえご来校いただきますようお願いいたします。

(3)お車でのご来校はご遠慮ください。

(4)マスクの着用をお願いいたします。また、当日体調に不安を感じる場合の参加はご遠慮ください。

(5)感染防止対策として、保護者の方は「中学生の方1名につき1名」とさせていただきます。

ご理解ご協力をお願いいたします。

 

4 参加申し込み(登録フォーム)

  参加希望の方はこちらからお申し込みください。

→ 申込受付を終了しました。11/6(土)学校説明会の申し込みは、10/6(水)午前8時30分に掲載予定です。

【申し込み】メニュー「中学生の皆様へ」から

第70回浦商祭の準備【校長ブログ】

本日(9/28[水])、明日・明後日と開催する浦商祭の準備を行っています。

浦商祭は、浦商の文化祭であり、2年ぶりの開催となります。ただし、感染防止対策のため、生徒と職員のみ参加で開催します(PTA会誌用の写真撮影のため一部保護者が来校されます)。

明日は午前が1年生、午後が3年生、そして、明後日は午前に2年生が登校して体育館にて発表や動画の視聴を行います。

本日は、生徒会や部活動の生徒200名ほどが登校して、体育館のフロアやステージの準備・リハーサルなどを行いました。

コロナ禍のため制約条件の多い文化祭となりますが、置かれた状況で最高のパフォーマンスを発揮することを期待しています。

【写真】①ダンス部、②吹奏楽部、③華道部、④生徒会(門づくり)、⑤箏曲部、⑥太鼓部(リハーサル)

進路実現の木!?【校長ブログ】

9/29(水)、浦商祭の準備の様子を見学するため校内を見回っていると、気になる掲示物を見つけました。

それは、3年生の廊下に貼りだされた掲示物です。クラス担任の先生に尋ねたところ、「就職や進学が実現した生徒が花のシールを貼るものです。そして、卒業前にそのシールにメッセージを書いてもらいます。」との回答をもらいました。

現在、1回目の就職試験の結果が発表され、徐々にシールが貼られる回数が増えているようです。ぜひ全員のシールが貼られ、卒業式に進路実現が叶った喜びを記載できることを期待しています。

私(校長)はこの掲示物を「進路実現の木」と名付けました。

 

渋沢シンポに向けて盛り上がり【校長ブログ】

9/29(水)、いよいよ翌日に迫った渋沢シンポのプレゼンテーション資料の提出に向けて、総合情報実習を選択する2年生が追い込みのため登校してきました。

渋沢シンポとは、「彩の国商業高校生渋沢栄一コンテスト」のことです。この渋沢シンポは、10/30(土)にオンライン上で開催される「第31回全国産業教育フェア埼玉大会」(さんフェア埼玉2021)で行われるものです。渋沢シンポには、埼玉県の商業高校5校(八潮南、熊谷商業、鴻巣、深谷商業、浦和商業高校)が参加します。

この渋沢シンポでは、各校がプレゼンテーションを行います。このプレゼンテーションには、大プレゼンと小プレゼンがあります。今回、この大プレゼンの審査のためのプレゼン資料の提出が明日に迫っています。そこで、生徒たちは、プレゼン資料の作成のため、登校したのです。

10月初旬には、大プレゼンの学校が決まります。この審査は、埼玉大学人文社会科学研究科の大石直樹准教授と埼玉県教育委員会の指導主事が行います。なお、大石准教授は渋沢シンポにもコーディネーターとして参加してくださいます。

【写真】①チーム(3人1組)で侃々諤々の議論をする生徒たち、②大プレゼン資料の完成を目指す生徒たち@コンピューター室

 

 

 

 

 

 

【「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」サイト】

https://sanfair2021.spec.ed.jp/shibusawa-eiichi-symposium

【「第31回全国産業教育フェア埼玉大会」サイト】

https://sanfair2021.spec.ed.jp/

 

 

3種目以上1級70人プロジェクト【校長ブログ】

第2学年では、検定試験1級の取得が3種目以上となる生徒が70名以上となることを目指しています。

2名の生徒が3種目、1名の生徒が4種目を達成(一人が3種目と同時に達成)しましたので、9/24(金)、その努力と成果を称えるため表彰式を行いました。

2名の生徒は、さらなら高みを目指して頑張りましょう。そして、あと68名以上の生徒が続いて達成することを期待しています。

浦商は知識・技術の習得と、その応用力の育成を目指します。

 【写真】前列両側が該当生徒2名(2学年の先生方と一緒に)

 

秋の全国交通安全運動の実施【校長ブログ】

〇運動期間  

9/21(火)~30(木)

〇全国重点

・子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
・夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の安全運転意識の向上
・自転車の安全確保と交通ルール順守の徹底
・飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶
・二輪車の交通事故防止(地域重点)

〇埼玉県重点

・横断歩道における歩行者優先の徹底「渡るときは左右確認 手で合図」

 

「学びを止めるな!」ICTによる学習支援④【校長ブログ】

9/17(金)、浦商では分散授業・時差通学が続いています。

そのような中、数学科がオンデマンドによる動画配信を始めました。

数学科の教員が各学年の数学科のGoogle Classroomに、単元ごとに説明動画をアップロードします。生徒は好きな時間に動画を観ながら自主的に学習を進めることができます。

オンデマンド配信のよいところは、わからないところを何度も観ることでき、自分のペースで学びながら理解を深められることです。

浦商はICTに強い商業高校として、ICTをツールとして効果的・効率的につかいながら、学びを深める支援を行っています。

 

【写真】1枚目:第3学年のGoogle Classroomのメニュー、2枚目:第2学年のメニュー、3枚目:第1学年のメニュー

 

 

オンライン進路指導【校長ブログ】

第2学期が開始し、出席番号の奇数・偶数に分かれて分散登校が行われています。

第2学年では、9/7(火)・13(火)の2回に渡り、外部講師をリモートでお招きし、オンライン進路指導を行いました。

今回は、志願理由書の書き方がテーマです。講師にはそのコツを伝授いただき、生徒は画面と音声に集中しながら大切と思われる点を熱心にメモしていました。

進路指導は、キャリア教育の一つです。そして、キャリアとは「人が、生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係を見いだしていく連なりや積み重ね」(※)のことです。1回1回の進路指導を通じて、キャリアを着実に確実に積み重ねていきましょう。

※中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」(平成23 年1 月31 日)を要点抜粋

 【写真】1枚目:リモートによるオンライン進路指導(講師は学校外から説明)、2枚目:熱心にメモをとる浦商生

 

 

 

 

「学びを止めるな!」ICTによる学習支援③【校長ブログ】

9/10(金)、商業科「経済活動と法」において、ハイブリッド授業(学校参集型+自宅参加型)が行われました。

今回は、パワーポイント(プレゼンテーション・ソフトウエア)を用いて、教室の生徒と自宅の生徒に同時に説明をしたり、質疑応答を行ったりする授業です。

自宅で学ぶ生徒は、Google Meet(テレビ会議システム)を通じて、パワーポイントの画面を見ながら説明を聴いていました。さすがに、いきなり先生に質問の指名を受けた時は、自宅の生徒は皆、一様にびっくりしていたようです。同時双方向のやり取りができることが、テレビ会議システムによる授業の良いところです。

【写真】1枚目:参集型授業の様子、2枚目:オンライン授業(ライブ配信)で自宅で学習している生徒とやりとりをしている様子

 

 

 

「学びを止めるな!」ICTによる学習支援②【校長ブログ】

9/9(木)放課後、簿記部がハイブリッド授業形式の部活動を行っていました。

浦商の分散登校は、クラスを一日交替で午前組と午後組に分けて行っています。よって、午前組の生徒は午後の部活動に参加できなくなります。

そこで、簿記部では、午後組の生徒は学校の活動場所で、午前組の生徒は自宅でオンラインにて部活動を一緒に行っています。

【写真】1枚目:午後組の生徒は学校の活動場所で部活に参加、2枚目:午前組の生徒はオンライン(机上パソコン)で自宅から部活に参加

「学びを止めるな!」ICTによる学習支援①【校長ブログ】

9/9(木)、学校に参集しての授業と自宅でのオンライン授業を併用した「ハイブリッド授業」を一部開始しました。

浦商では、これまでGoogle Classroom(グループウエア)を活用して、オンライン上で課題を配ったり、提出したりという仕組みは構築されていました。

加えて、今回はGoogle Meet(テレビ会議システム)をつかって自宅でも授業に参加できるようにしました。

自宅から参加した生徒からは「自宅で授業を受けられるのはうれしい。しかし、画面が小さくて黒板の文字が見えにくい。」との意見が寄せられました。これからも、生徒からの意見をもとに、より効果的なICT授業となるよう工夫してまいります。

今後、「学びを止めるな!」を合言葉に、自宅にいる生徒が効果的に学びを進められるよう、ICTによる学習支援を推進してまいります。

【写真】1枚目:ハイブリッドSHR(学級会)、2枚目:ハイブリッド授業(簿記)

 

さんフェア埼玉2021運営委員会・生徒実行委員会開催【校長ブログ】

9/3(金)、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021、10/30[土]開催)の第5回運営委員会と生徒実行委員会が開催されました。

運営委員会・生徒実行委員会は当初、参集しての開催を計画していましたが、緊急事態宣言下であるためオンラインによる開催となりました。

今回の運営委員会では、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、「Web主体で一部参集」から大きく「Web主体」に重きを置いた大会となる可能性があることの確認が行われました。

また、今回の運営委員会は生徒実行委員会と同時開催しました。生徒実行委員会のクラウドファンディング班の班長で、生徒実行委員会副委員長の吉野さん(浦商)からはこれまでの活動とこれからの予定のついて報告がありました。

さんフェア埼玉2021はコロナ禍の中、なかなか先行きの見通しがつきませんが、置かれた状況の中でできる限りのことをしていきたいと思います。

【写真】運営委員会で担当業務の説明を行う吉野副委員長(浦商)

 

 

 

 

 

 

↓ 「さんフェア埼玉2021」サイト ↓

https://sanfair2021.spec.ed.jp/

全国リテコンのリハーサル【校長ブログ】

オンラインを主体にして10/30(土)に開催される、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)において行われる「全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト」(リテコン)のリハーサルを8/20(金)に実施しました。

リテコンは、全国から36名11校の商業高校生が集い、オンライン上のクイズ大会でマーケティングに関する競い合いや学び合いを行うものです。早押し問題だけでなく、チームで話し合い答えを導き出すチーム問題やチームで自分たちの考えを短文で解答するケース問題も出題されます。

このリテコンのリハーサルの様子をダイジェスト動画で紹介します。

 【リテコンのリハーサルの様子ダイジェスト動画】

ダイジェスト動画(2分21秒)

 

10/30(土)は、第1部が午前10時~、第2部が午後2時~、埼玉県教育委員会のさんフェア埼玉2021のサイトより放送(同時刻にライブ配信、後に録画のオンデマンド配信)します。なお、この視聴方法などについては、埼玉県教育委員会のさんフェア埼玉2021のサイトに、後日、掲載される予定です。

【さんフェア埼玉2021サイト(埼玉県教育委員会)】

さんフェア埼玉2021サイト

髙田教育長来校【校長ブログ】

本日(9/3[金])、埼玉県教育委員会の髙田直芳教育長が浦商にいらっしゃいました。

御訪問の目的は、進路指導、特にコロナ禍における就職状況や就職指導の情報収集のためです。

浦商は埼玉県高等学校進路指導研究会の会長・事務局校であり、埼玉県の進路指導の状況について最も把握している学校です。

髙田教育長は、浦商の進路指導主事から昨年度・本年度の進路状況の説明をお聞きになり、御質問や御指導をくださいました。

その後、髙田教育長は、緊急事態宣言下における分散登校の様子を観察されるため、授業を見学されました。

【写真】1枚目:家庭科(3年5組)、2枚目:情報処理(1年5組)

第3学年進路ガイダンスⅦ【校長ブログ】

本日(9/2[木])、1・2学年が課題テストを実施する中、第3学年は進路ガイダンスⅦを開催しました。

就職希望者は体育館に参集して、進学希望者は各教室でオンラインにて、公務員希望者は書道室にて実施しました。

就職希望者に対しては、いわゆる就職出陣式のスタイルで、9/16(木)から始まる就職選考に向けてエールを贈るとともに説明を行いました。

進学希望者に対しては、受験手続や合格後の学校生活の送り方の説明を行いました。特に、大学の総合型選抜(旧AO入試)は9月より開始しています。推薦制度を利用して大学へ進学する生徒がほとんどの浦商では、いよいよ本格的な進学モードに突入します。

公務員希望者は模擬試験を行いました。学校での学習に加えて、独自の対策が必要です。コツコツと地力を高めていってもらいたいと思います。

 【写真】1枚目:就職出陣式@体育館、2枚目:オンライン進学説明会@各教室、3枚目:公務員模擬試験@書道室

 

第2学期始業式【校長ブログ】

9/1(水)、第2学期始業式を挙行しました。

オンラインで行い、生徒は教室にて視聴参加しました。

以下は、校長講話で使用したプレゼン資料です。この中には、最後に行ったアンケート調査の結果も掲載してあります。

【校長講話資料】

【HP掲示用】「校長講話」(令和3年度第2学期始業式).pdf

さて、感染防止と学力向上の両立を目指してスタートした令和3年度ですが、しばらくは感染防止に力を入れてまいります。3密(密閉・密集・密接)を避け、3つの徹底(マスクをしっかり着用してなるべく外さないこと・石鹸手洗い・アルコール消毒)を図り、感染の急所(会食・部活)をしっかり抑えた学校生活を送りましょう。具合が悪い時や不安な場合は無理して登校しないようにしましょう。それでも感染が発生した場合は、偏見・差別を止めましょう。

 

ミニ体験入学③(8/26「木」)【校長ブログ】

8/26(木)午後2時から、ミニ体験入学③を実施しました。感染症防止対策のため、中学生15名の参加で実施しました。

ミニ体験入学では、挨拶(校長)、学校概要説明(教頭)、体験授業(校長)を行いました。

今後、以下の日程で学校説明会を行います。約1か月前から募集を開始しますので、今後、「中学生の皆様へ」にご注目ください。

なお、感染症の状況によっては、参集型の学校説明会ではなく、YouTubeライブ配信などのオンライン型の学校説明会を行う可能性もあります。

〇11月 6日(土) 第1回学校説明会
〇12月18日(土) 第2回学校説明会
〇 1月29日(土) 第3回学校説明会

【写真】ミニ体験入学③(学校概要説明)

リテコンについて全国学会で発表【校長ブログ】

第31回全国産業教育フェア埼玉大会(10/30[土]Web開催)において、全国16校の商業高校生36名が集い学び合う「全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト」(リテコン)について、8/22(日)、第31回日本商業教育学会全国(福岡)大会(オンライン開催)において発表を行いました。

発表者は、リテコンの企画・運営を担当する日本大学商学部の岸本徹也教授とそのゼミナールの学生、そして、リテコンの総括・庶務を担当する浦商校長の内田です。

発表題は、「リテールマーケティング・コンテスト(リテコン)の教育効果の可能性について」です。

以下、「第31回日本商業教育学会全国(福岡)大会」開催要項と「発表資料」を掲載します。

 

【開催要項】 ※ 2ページ目に本発表について記載あり

R03youkou.pdf

 

【発表資料】

第1分科会研究報告① リテールマーケティング(リテコン)の教育効果の可能性(岸本、内田).pdf

全国リテコンのリハーサル実施【校長ブログ】

8/20(金)、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)において実施する、全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト(リテコン)のリハーサルを実施しました。

リテコンには、北は北海道から南は沖縄までの全国から、16校36名の商業高校生がオンラインで出場します。浦商からは4名の生徒が出場します。

本日(8/19[金])は、オンラインでのコンテスト(クイズ大会)に慣れておこうということで、テレビ会議システム「Zoom」のつかい方やクイズの答え方、学校混成チームにおける自己紹介などを行いました。

出場された生徒の皆さんは「さすが商業高校生」ということで、ICT機器の取扱いに慣れており、支障なく円滑にリハーサルを進めることができました。

企画運営を担当する日本大学商学部の岸本ゼミナールの学生からは、「あと2カ月、この本をつかって勉強しよう。」と書籍の紹介もありました。リテコンに出場する全国の商業高校生の皆さん、しっかり勉強して、当日を迎えてください。

【写真】1枚目:出場生徒や指導者、2枚目:クイズの説明

 

 

 

 

 

 

【リテコン(さんフェア埼玉2021)の出場校】

〇第1部(10/30[土]午前10時~11時30分)

北海道函館商業高等学校、青森県八戸商業高等学校、岩手県立宮古商工高等学校、栃木県立宇都宮商業高等学校、東京都立芝商業高等学校、千葉県立君津商業高等学校、埼玉県立大宮商業高等学校、埼玉県立深谷商業高等学校、埼玉県立浦和商業高等学校

〇第2部(10/30[土]午後1時~2時30分)

石川県立大聖寺実業高等学校、東京都立千早高等学校、岡山県立岡山南高等学校、香川県立高松商業高等学校、沖縄県立名護商工高等学校、埼玉県立大宮商業高等学校、埼玉県立岩槻商業高等学校、埼玉県立新座総合技術高等学校、埼玉県立浦和商業高等学校

【さんフェア埼玉2021サイト ↓】

https://sanfair2021.spec.ed.jp/retail-marketing

インターハイ報告ボート部【校長ブログ】

8/20(金)、ボート部がインターハイの結果報告のため、校長室を訪れました。

女子ダブルスカルに出場した、我妻・戸塚選手は次のような報告をしてくれました。

〇 我妻選手

「全国で勝てて良かったが、準決勝では、緊張して力を十分に発揮できなかった。この経験を糧に、次の国民体育大会では埼玉県の代表として大いに力を発揮したい。」

〇 戸塚選手

「埼玉県内ではなかなか勝つことができなかった。そのような中、インターハイでは予選で1位となり、準決勝に進むことができた。準決勝では4位となり、3位までが進める決勝へ進出することはできなかった。国民体育大会では、この学びを生かして練習を重ね、大いに活躍したい。」

国民体育大会では、我妻選手はクォドルプル、戸塚選手はダブルスカルに、埼玉県代表として出場します。さらなる活躍を期待しています。

【写真】我妻・戸塚選手と引率顧問@校長室

ミニ体験入学③(8/26[木]午後2時~)追加募集【校長ブログ】

7/28(水)の一日体験入学には、222名の中学生の参加をいただきました。

この一日体験入学では定員を超えたため、途中で募集を締め切らせていただきました。よって、この一日体験入学に申し込めなかった方や、また、中学校における三者面談を受けて浦商の体験入学を希望する方もいらっしゃるかと推察します。

そこで、8/19(木)のミニ体験入学①②(定員に達したため受付終了)に続いて、ミニ体験入学③(8/26[木]午後2時~)を実施いたします。

内容は、校長による学校概要説明と授業体験です。なお、感染症防止対策のため、定員は中学生のみの30名となります。

「ミニ体験入学③」(対象:中学生のみ)のお知らせ(8/12更新)

〇 日程:令和3年8月26日(木)③ 〔受付〕午後 1時30分~ 〔開始〕2時00分〔終了予定〕3時30分(定員:30名)

〇 内容:学校概要説明、授業体験

当日は一日体験入学(7/28)やミニ体験入学①②(8/19)に参加できなかった中学生対象の授業体験等となります。

保護者対象の説明等はございません。恐れ入りますが保護者様の来校はご遠慮いただきます。

・スリッパ等をご持参ください。

・感染症対策などの理由により急遽開催を取りやめることもございます。

・HPを確認のうえご来校いただきますようお願いいたします。

・マスクの着用をお願いいたします。また、当日体調に不安を感じる場合の参加はご遠慮ください。

・感染防止対策として生徒のみの参加とさせていただきます。(見学等もご遠慮いただきます。)

・保護者様におきましては今後開催予定の説明会等にご参加いただければと思います。

・恐縮ではございますがご理解とご協力をお願いいたします。

参加希望の方はこちらからお申し込みください。もしくは「もくじ」-「校長室(校長ブログ)」からお申し込みください。 →申し込みは終了しました。(8/25[水])

登録をキャンセルする場合は平日(9:00~17:00)に本校(048-861-2564)までお電話ください。

(注意: 8/11[水]~16[月]は学校閉庁日のため、電話対応はできません。)

 

【写真】一日体験入学(7/28[水])

1枚目:オンラインによる校長挨拶・学校概要説明、2枚目:授業体験

 

 

 

 

ミニ体験入学(8/19[木])の実施【校長ブログ】

8/19(木)、ミニ体験入学を実施しました。午前の部に22名、午後の部に27名の中学生が参加してくれました。

体験授業では、「楽しかった」など前向きな感想をいただきました。

一方で、「難しかった」との感想もいただきました。商業の勉強は、高校に入学してから始まります。スタート地点はみんな一緒です。丁寧に教えていきますので、浦商で一緒に商業を学んでいきましょう。

次回のミニ体験入学は8/26(木)の午後2時からです。こちらから申し込んでください→申し込みは終了しました。(8/25[水])

 

※内容  校長あいさつ、学校概要説明(教頭:写真)、体験授業(校長)

 

 

 

文部科学省「子ども霞が関見学デー」へ参加【校長ブログ】

文部科学省より「子ども霞が関見学デー」において、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)のPRをするよう依頼がありました。

本来であれば、文部科学省まで出向き、現地(霞ヶ関)でPRを行う予定でしたが、コロナ禍のためオンライン参加となりました。

8/18(水)・19(木)、本校からは、さんフェア埼玉2021の生徒実行委員会副委員長である吉野さんがオンライン参加しました。

※ 霞が関子ども見学デー

【写真】オンライン参加の様子

 

書道部「総文祭」展示@プラザノース【校長ブログ】

第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国和歌山総文2021書道部門」に出展した、浦商書道部の髙野さんの作品「臨 曼殊院本古今集」が奨励賞を受賞しました(祝)。

この総文祭に出展された「埼玉県代表作品展」がプラザノース(ギャラリ―2・3・4)にて開催されています。もちろん、髙野さんの作品も展示されています。

現在開催中の「埼玉県代表作品展」は、午前9時から午後5時まで、最終日は8/19(木)の午後2時までです。

※ プラザノースのアクセス http://www.plazanorth.jp/access/access.php

 

 

校長遠隔観戦記(ボート部福井インターハイ)【校長ブログ】

予選が始まりました。

男子シングルの3年上家力也、大接戦の末に4着で敗退となりました。
激戦の種目でしたが、よくがんばりました。

女子ダブルスカル、3年 我妻、戸塚ペアは
6クルー中、3クルーが諸事情により棄権となりましたので、レース全艇が次の準々決勝に進出となり
余裕を持ってレースを行うことができました。
しかし、初めての全国大会。とても緊張した様で
ガッチガチのスタートでしたが、徐々に落ち着いてきて、ラストは大きく他艇を引き離し1着でフィニッシュしました。

明日(8/17[水])は、予選2組目が行われます。
浦商クルーは出場しませんが、午前午後とトレーニング、明後日の前日リギングと、しっかりレースの準備をしていきたいと思います。

決勝進出目指して!!

 

全国リテコン出場校決定【校長ブログ】

第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)の中で開催する、全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト(リテコン)の出場校が決定しました。

「北は北海道から南は沖縄まで」全国から36名(16校)の生徒がオンライン上に集い、日本大学の学生が作成したマーケティングに関するクイズに挑戦します。浦商からは4名の生徒が出場します。

8/20(金)にリハーサル大会を実施しますので、後日(8月下旬)、その様子をレポートしたいと思います。

本番は、さんフェア埼玉2021の開催日10/30(土)の午前10~と午後1時~の2部制で、インターネット上ででライブ配信します。配信方法については、後日お知らせします。

 

【出場校やその他の情報は↓】

 

 

※本サイトの下方には、リテコン練習会の「ダイジェスト動画」がアップされています。

渋沢VR(仮想現実)づくりへ前進【校長ブログ】

第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)において、浦商電脳部(コンピューター部)は渋沢栄一VR(仮想現実)づくりに取り組んでいます。渋沢VRづくりは、リコージャパン株式会社や株式会社ダイナモピクチャーズの支援のもと、CGでコンテンツづくりに取り組む浦和工業高校と、画像や動画をつかいながらストーリーづくりに取り組む浦和商業高校との共同作業によります。

本日(8/6[金])は、電脳部の生徒が考えたストーリーを発表し、それに対して株式会社ダイナモピクチャーズの方がVR作成に向けた助言をくださいました。生徒が考えたストーリーは、浦和工業高校の生徒が作成する「教室」のコンテンツと「中の家(渋沢翁の生家)」のコンテンツの中で展開するものです。これ以上は、ネタバレになってしまうのでお伝えできません。

この渋沢VRは、10/30(土)にウエスタ川越で開催されるさんフェア2021において、川越市内の小中学生にVRゴーグルを付けて体験してもらう予定です。小中学生をVR(仮想現実)空間に招くナビゲーターは、浦商電脳部生徒が渋沢アバターとなって担当します。

【写真】埼玉県教育委員会担当指導主事による取組概要説明(1枚目)、浦和商業高校と浦和工業高校、ダイナモピクチャーズ、県教委が情報・意見交換等を行うグループウエア(2枚目)

 

 

 

生徒も学ぶ夏休み【校長ブログ】

浦商では、埼玉県教育委員会「未来の職業人材育成事業」推進校の指定を受けて、7/28(水)~8/6(金)、アカウンティング講座(日本商工会議所簿記検定2級)とITパスポート講座(情報処理推進機構ITパスポート試験)の2講座を開講しています。講師として、千葉商科大学と大原簿記情報ビジネス専門学校大宮校の先生をお招きしています。

浦商では、このような講座で身に付けた知識・技能を、8/2(月)の校長ブログで紹介した「ケーススタディ」のような手法を通じて「つかえる知識・技能」にレベルアップしていきます。

 

 ITパスポート試験講座(8/3[火])

 

先生も学ぶ夏休み【校長ブログ】

8/2(月)、浦商において「商業科教員のためのケーススタディ研修会」を開催しました。

ケーススタディとは、ビジネスにおける事例から、論理や法則を見つけていく学び方です。「ケーススタディ」は、令和4年度からの入学生に適用される学習指導要領解説商業編において12回も表記されている、これからの商業の学びのスタンダードです。

今回は、マーケティングに関するケーススタディの研修会で、埼玉県内の6校から9名の参加がありました。

講師として、産業能率大学大学院総合マネジメント研究科長の髙橋聡教授をお招きし、ケーススタディのグループワークと発表、質疑応答、解説が行われました。

埼玉県教育委員会高校教育指導課の田辺浩規指導主事からは、商業教育におけるマーケティング分野の学びやケーススタディを通じた知識・技術の活用の重要性について指導をいただきました。

【写真】1枚目:グループワークの成果発表、2枚目:構造化された「まとめ・表現」

 

吹奏楽コンクール【校長ブログ】

本日(7/30[金])、浦商吹奏楽部が令和3年度第62回埼玉県吹奏楽コンクール(高等学校B部門)に出場しました。

吹奏楽部は、日頃から、式典や体育祭、野球応援などで、浦商の教育活動を盛り上げる演奏をしてくれています。

その吹奏楽部から、私(校長)は招待状をいただきましたので、会場の所沢市民文化センターに行ってまいりました。

吹奏楽部は、浦商らしく、チームワークよくまとまったきれいな演奏を披露してくれました。

次は、このコンクールとともに吹奏楽部の2大イベントの一つである、12月の定期演奏会での集大成の演奏を期待しております。

【写真】演奏中の写真撮影はできませんので、会場等のようすをお届けします。

1枚目:所沢市民文化センターのある「航空公園駅」前にて、2枚目:コンクールの看板、3枚目:会場前にて

電脳部が渋沢翁生誕の地へ【校長ブログ】

7/21(水)、浦商電脳部(コンピューター部)が深谷市にある渋沢栄一記念館と深谷市大河ドラマ館を訪問しました。

目的は、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)において、渋沢栄一翁を紹介するVR(仮想現実)づくりに必要な写真を撮影したり、VRのストーリーづくりの参考となる資料収集を行ったりするためです。

VRづくりの技術・機材を提供してくださるリコージャパンの方も同行してくださり、360度カメラRICOH THETAの提供や使用方法の指導をしてくださいました。

収集した写真や資料をもとに、渋沢翁を紹介するVRストーリーを作成してまいります。 

【写真】

1:THEATAの使用方法のレクチャー、2:THETAで360度撮影、3:渋沢アンドロイドと記念撮影(以上、記念館にて)、4:大河ドラマ館にて渋沢翁の生家を撮影

 

さんフェア生徒実行委員会【校長ブログ】

本日(7/20[火])の午後2時から、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)の生徒実行委員会が、オンライン(Google Meet)で開催されました。

浦商からは、吉野副委員長(3年)と中村委員(3年)が参加しました。

二人が、参加しての感想を「R80」で紹介します。

【R80】アールエイティと読む。

自分の考えを接続してつないだ2文(80文字以内)で表す。論理的思考力・表現力を育むことができる。

 

○吉野副委員長「初めましての人とのコミュニケーション」

「今回は、初めて各班で話し合いを行い、今後の活動について決めました。しかし、生徒同士で話すことは今までなかったため、意見をまとめることがとても大変でした。」

○中村委員「少人数での話し合い」

「班ごとにオンラインで話し合った時、人数が少なかったこともあり、なかなか意見が出ませんでした。しかし、最後には皆の意見がまとまり、イメージを膨らませることができました。」

オンライン会議は、普段の膝突き合わせの議論があってこそ、効果的になるのでしょうね。オンライン会議だけで本音の議論を行うことの難しさが、二人のR80から伝わってきます。

次回からは、参集して膝突き合わせの議論や取り組みができるとのことです。活発な活動ができることを期待しています。

 

 

第1学期終業式【校長ブログ】

本日(7/20[火])、第1学期終業式を行いました。

暑さ対策と感染症対策のため、浦商生は教室からオンライン(Google Meet)で始業式に参加しました。

校長講話では、BYODのアクセステストとBYODを利用した校長の話を行いました。

以下、校長講話のスライドを抜粋して掲示します。

 

【校長講話(スライド)】

「校長講話」(令和3年度第1学期終業式HP用).pdf

 

【R80・PREP】※論理力育成ツール

R80・PREP.pdf (PDF版)    R80・PREP.xlsx  (エクセル版) 

 

【写真】教室への送信画面

 

 

質問力の向上【校長ブログ】

7/16(金)、第1学年の生徒は「税に関する講話」を受講しました。これは毎年、税理士の根岸康之様をお招きし講演をいただくものです。

浦商生は、浦商の強みである「メモをとること」を実行しながら、熱心に講演に眼と耳を傾けていました。

そして、講演後、根岸様からの「何か質問のある人はいますか?」の問いに、挙手をする生徒がいました。その生徒は「海外での収入の税金はどうなるのでしょうか。」いう趣旨の質問をしました。根岸様は「良い質問ですね。」とのお褒めの言葉に引き続き、質問に回答されました。

最近の傾向として、講演の後などに質問をする生徒が増えてきています。質問ができるということは、メモを取りながら聴いた内容について「どこがわかっていて、どこがわからないか」がわかっている証拠です。そして、その「わからないこと」に対して、「知りたい」という意欲や関心から質問がなされるのです。

論語にも、「知らざるを知らずと為す是知るなり」(しらざるをしらずとなすこれしるなり)とあります。自分の知っていることと、知らないことをはっきりと区別することが「真の知」になるのです。そして、知らないことを知ろうとする過程こそが、本当の学びなのです。

この質問力の向上が、浦商の新たなる強みになっていくと期待しています。

 

【写真】質問する浦商生と丁寧に答えてくださった根岸様のやり取りの様子

 

 

全国大会出場激励費授与【校長ブログ】

7/13(火)、浦商同窓会から、全国大会へ出場する4部(ボート部・電脳部・珠算部・書道部)へ激励費の授与がなされました。

【ボート部】インターハイ:男子シングルスカル、女子ダブルスカル   

○期日 8月16日(月)~19日(木)

○場所 福井県立久々子湖漕艇場 

※ 予選組合せ 

※ 写真(プレゼンター:奥田ボート部同窓会長)   

 

 

【電脳部】第33回全国高等学校情報処理競技大会 個人の部(2名)

○期日 7月25日(日)

○場所 広島市立大学

※ 写真(プレゼンター:土屋同窓会長)

 

 

 

【珠算部】第68回全国高等学校ビジネス計算競技大会 団体及び個人の部

○期日 7月23日(金)

○場所 埼玉県立深谷商業高等学校(埼玉県サテライト会場)

 

 

 

【書道部】紀の国わかやま総文2021

○期日 8月1日(日)~8月6日(金)

○場所 白浜会館・白浜町立総合体育館 

 ※ 高文祭和歌山代表作品展@さいたま市桜区

  場所:プラザノース (8/15~19 9時―17時[最終日は14時まで])

PTAから扇風機寄贈【校長ブログ】

PTAから各教室に2台ずつの扇風機の寄贈を受けました。

コロナ禍の中、PTA活動は予算や活動内容を縮小して行っています。そこで、PTA予算の中から、生徒達が少しでも安全かつ快適に学校生活を送れるよう、室内換気の促進(安全)と冷房効果の増進(快適)を図れるよう扇風機の寄贈を受けました。

ありがとうございます。

【写真】1年5組での活用のようす

 

3学年進路ガイダンスⅤ【校長ブログ】

7/8(木)、第3学年は進路ガイダンスⅤに取り組みました。

白陵館(格技場)2階では、就職希望者に対して、就職活動の流れや就職申し込みについての説明がありました。私は、埼玉県内高校生対象合同企業説明会(7/6[火]@大宮ソニックシティ)に参加した浦商生を見ていて「すでに就職モードに入っている」と感じましたが、本日のガイダンスに臨む生徒達にもそれを感じました。進路指導主事からは「身だしなみがしっかりできている。」や、「Google Clssroom(オンライン)上の求人票を見た生徒は挙手してみて!」の質問にもほとんど全員が手を挙げたのに対して「素晴らしい。」との高い評価を受けていました。

白陵館1階では、進学希望者に対して、受験準備や受験手続に関する説明がありました。特に、夏休みを前にして、オープンキャンパスの参加について説明がありました。本年度の進路希望の特徴は、進学を希望する生徒が多いということです。「就職はもちろんのこと進学にも強い」という浦商の強みが浸透してきたものと思われます。

2号館(本館)の中会議室では、公務員希望者が模擬試験に挑戦していました。この結果を受けて、自分の強みや弱みを把握して、自らの学習に工夫を加えてください。ここでドラゴン桜式の学習方法を伝えます。効果的に点数を上げる学習方法は、①得意のはずなのにできなかった問題の復習、②苦手なはずなのにできた問題の復習、③苦手な上にできなかった問題の復習の順番だそうです。(「ドラゴン桜2」第3巻から要点抜粋)

 

【写真】1枚目:進学希望者ガイダンス、2枚目:就職希望者ガイダンス、3枚目:公務員模擬試験

  

 

 

朝読書の開始【校長ブログ】

第1学期期末考査が終了した翌日(7/7[水])から19(月)まで、朝読書が始まりました。

昨年度から取り組んでいる朝読書ですが、生徒や教員からは「読書のきっかけづくりになる。」や「落ち着いた雰囲気で一日が始まる。」などの高評価を得ています。

浦商では、夏季休業に向けて、図書館がたくさんの本の貸出しを行います。埼玉県の高校図書館司書が選んだ「イチオシ本」などがたくさんラインアップされています。ぜひ、この朝読書を日頃の読書につなげてください。

「あらゆる良書を読むことは、過去の最良の人物と会話をするようなものだ。」(デカルト)

【写真】1枚目:3年2組の朝読書の様子

2枚目:図書館告知板(2号館2−3階中央階段踊り場)=バーチャル図書館(Google Classroomへの登録を! クラスコードは告知板に掲示)

 

 

合同企業説明会(7/6火)【校長ブログ】

7/6(火)、大宮ソニックシティにおいて、埼玉県内高校生対象合同企業説明会(主催:埼玉労働局・埼玉県・埼玉県教育委員会・埼玉新聞社)が開催されました。

浦商からは就職希望の104名の生徒が参加しました。

浦商生は、身なりや態度、言葉遣いも正しく、そして、企業の方からの説明にしっかり耳を傾けながらメモをとる(=浦商の強み)など、日頃の進路指導をしっかり理解し身につけて臨んでいました。

以下は、「埼玉県内高校生対象合同企業説明会ガイドブック」に掲載した、埼玉県高等学校進路指導研究会会長(県立浦和商業高等学校長)の「あいさつ」です。

【埼玉県高等学校進路指導研究会会長(県立浦和商業高等学校長)あいさつ(要点抜粋)】

 この合同企業説明会は、高校生の就職活動が円滑に進むことを目的に開催いたします。具体的には、就職活動の心構えやその進め方、企業見学や就職試験におけるマナーなどを指導する「就職支援セミナー」、そして、高校生が企業の方々から直接説明を受け質疑応答ができる「合同企業説明会」の二本立てで行われます。

 この合同企業説明会に臨む高校生の皆さんに、埼玉県高等学校進路指導研究会を代表いたしまして一つアドバイスをいたします。それは、キャリアという大きな枠組みの中に本説明会を位置付けて参加してもらいたいということです。

 キャリアとは、「人が、生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係を見いだしていく連なりや積み重ね」のことです。

 これまで皆さんは、私の志ノート(埼玉県教育委員会)や進路ノート(各学校で用意)などのキャリア・パスポートに自らのキャリアを記載してきたと思います。このキャリア・パスポートとは、「自らの学習状況やキャリア形成を見通したり、振り返ったりしながら、自身の変容や成長を自己評価できるよう工夫されたポートフォリオ(書類をまとめたもの)」です。

 このキャリア・パスポートに記載するキャリアの一つとして、本説明会を位置付けてください。生涯において自らの果たすべき役割とは何か、その役割にはどんな価値があり、自分とその役割とをどう関係づければよいか、そういう大きな枠組みの中に本説明会を位置付けながら、企業の方の説明を聴いたり、質問をしたりしてください。そして、本説明会に参加した感想やそこから紡がれた自分の考えをキャリア・パスポートにまとめ、今一度自分自身や社会における役割との関係性を見つめなおしてみてください。

【写真】1枚目:ある企業ブースに参加する浦商生4名、2枚目:説明会全体

 

 

 

 

「リテコンin関東」が日販協HPに掲載【校長ブログ】

日本大学商学部岸本ゼミと浦商が連携して取組を進めている、全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト(リテコン)は、6/18(金)に関東地区の商業高校で練習大会「リテコンin関東」を開催しました。

このことについて、本コンテストの協賛団体である「一般社団法人日本販売士協会」のホームページに掲載されていますので紹介いたします。

【一般社団法人日本販売士協会】

https://www.hanbaishi.com/news/11485

動画「リテコンin関東」が県教委HPに掲載【校長ブログ】

6月18日(金)にオンライン上で開催した「全国商業高等学校リテールマーケティング・コンテスト」(リテコン)の関東地区練習会のダイジェスト動画が、埼玉県教育委員会「さんフェア埼玉2021」のサイトに掲載されました。

さんフェア埼玉2021とは、10月30日(土)に開催される第31回全国産業教育フェア埼玉大会(文部科学省主催)のことです。

この中で、浦和商業高校を中心とした埼玉県の商業高校は、日本大学商学部の岸本ゼミナールと連携しながら、全国の商業高校生がマーケティングに関するクイズで競い・学び合うリテコンを開催します。(協賛:一般社団法人日本販売士協会)

6月18日(金)は関東地区の商業高校が集まり、練習大会を開催しました。

 

【リテコンin関東の参加校】

千葉県立君津商業高校、東京都立千早高校、埼玉県立岩槻商業高校・大宮商業高校・深谷商業高校・新座総合技術高校・熊谷商業高校・浦和商業高校

 

【リテコンin関東ダイジェスト動画】※制作:県立浦和商業高校

https://sanfair2021.spec.ed.jp/retail-marketing

※画面下方の「6 コンテストのダイジェスト動画」-「②令和3年6月18日[金]関東練習会」 

 

 

 

 

渋沢シンポの取組が県教委HPへ掲載【校長ブログ】

浦商生徒が出場する「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」(渋沢シンポ)の取組動画が、埼玉県教育委員会「さんフェア埼玉2021」(第31回全国産業教育フェア埼玉大会)サイトへ掲載されています。

ぜひご覧ください。

【さんフェア埼玉2021「渋沢シンポ」サイト】

https://sanfair2021.spec.ed.jp/shibusawa-eiichi-symposium

※ 画面下方の「7 出場校の取組のようす」にあります。

リテコン関東練習会動画【校長ブログ】

10/30(土)の第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)において、全国の商業高校生が集う「全国商業高等学校リテールマーケティング・コンテスト」(リテコン)が開催されます。

6/18(金)に、関東地区の高校(9校18名)が参加して「リテコンin関東練習会」が開催(Zoomによるオンライン開催)されました。

このダイジェスト動画(7分間)を公開しますので、ぜひご覧ください。

また、各都道府県教育委員会宛てに申し込み書類を送付いたしますので、ぜひ多くの商業高校生の参加をお待ちしております。

 

【リテコン関東(7分間)ダイジェスト動画】

https://youtu.be/P_amDoqEbIU

【さんフェア埼玉2021「リテコン」サイト】

https://sanfair2021.spec.ed.jp/retail-marketing

 

 

 

お知らせ 「渋沢シンポ」調べ学習発表動画【校長ブログ]

第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021。10/30[土]開催)において、「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」(渋沢シンポ)に出場する浦商生が、本格的な学習の前に「調べ学習」を行いその成果を校内で発表しました。

【動画(発表のようす 3分14秒)】

https://youtu.be/06f2xscR1xc

【さんフェア埼玉2021「渋沢シンポ」サイト】

https://sanfair2021.spec.ed.jp/shibusawa-eiichi-symposium 

電脳部VR体験【校長ブログ】

10/30(土)に開催される第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)のイベントの一つに「渋沢栄一展」があります。

浦商は、埼玉の商業高校生が取り組む「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」(渋沢シンポ)においても、商業高校の中心的役割を担っています。加えて、この「渋沢栄一展」にも、浦和工業高校とともに関わっています。

「渋沢栄一展」における浦商の役割は、渋沢栄一をVR(仮想現実)で紹介するストーリーを作成し、ストーリーのコンテンツのもととなる資料やデータを集めることです。

今日は、「渋沢栄一展」に関わる、リコージャパン株式会社や株式会社ダイナモピクチャーズ、埼玉県教育委員会、埼玉県立文書館の関係者が来校されました。そして、渋沢栄一展のVRを担当する「浦商電脳部」とともに、VR体験や打ち合わせを行いました。

「埼玉県で一番元気のある商業高校」である浦和商業高校の電脳部の生徒たちが、どんな渋沢ストーリーを創ってくれるか、とても楽しみです。

なお、浦商電脳部は、さんフェア埼玉2021の「渋沢栄一展」において、VR体験する小中学生の案内役(ナビゲーター)も担当します。

 

【VR体験の様子】ゴーグルを付けてVR体験をしている彼らにしか見えていない世界がある!(ご理解を!)

【打ち合わせの様子】説明(埼玉県教育委員会)

 

アーバン&カントリーな浦商写真【校長ブログ】

「学校概要」のページに浦商の航空写真を掲載しました。

 県都さいたま市に位置し、埼玉県で最も都会にある高校であるにもかかわらず、周囲は緑に恵まれ自然豊かでもあります。航空写真からも、アーバン&カントリーな浦商の環境の良さが伺えると思います。ぜひご覧ください。

 

https://urawa-ch.spec.ed.jp/学校沿革

お祝い ボート部インターハイへ【校長ブログ】

6/19(土)、全国高等学校総合体育大会ボート競技埼玉県予選会において、浦商ボート部は男子シングルスカルと女子ダブルスカルで優勝し、全国大会へ出場することになりました。

浦商は、8クルーが決勝に進むという総合力の強さ(チーム浦商)も示してくれました。

さらに修練を積み重ね、インターハイでの「雄飛活躍の我が旗印かかげなむ」(校歌3番より)を期待しています。

「試験で100%の力を出すためには、いつもの服装いつものルーティンでいつもの力を出す。これが本番で結果を出す最良の方法だ。」(日曜劇場「ドラゴン桜2」第6話より)

【写真】1枚目:ピークをこの大会へ見事に合わせた男子シングルスカル、2枚目:圧倒的な勝利の女子ダブルスカル 

*いずれも準決勝の写真(決勝が行われている時、校長は別な会議があったため→決勝の詳細はボート部のホームページ参照)

第1回学校評価懇話会【校長ブログ】

6/17(木)の午後3時40分から午後4時30分に、学校評議員会(第1回)に続いて、学校評価懇話会(第1回)が開催されました。

学校評価懇話会は学校評議員5名の方々に、浦商生徒会の正副会長(3名)が加わったメンバーです。

いただいた意見は、校長の学校経営や教職員の教育活動に生かしてまいります。ありがとうございます。

【学校評価懇話会】◇学校評議員(5名)・○浦商生徒会長(1名)・○浦商生徒会副会長(2名)

○昨年度の修学旅行(2年次)が中止となる中、本年度の3年生の遠足は実施できた。新しいクラスで親睦を深められて、良い思い出になった。体育祭は、例年の種目が実施できないため盛り上がりに欠けると思っていたが、そんなことはなくクラスの団結が図れた。全国産業教育フェアの生徒実行委員会では副委員長を任されているが、会議はGoogle Meetをつかってオンライン上で行っている。10/30(土)に向けて盛り上げていきたい。今後は、文化祭を盛り上げられるよう工夫したい。

○3年生の進路について、就職希望者は具体的な進路先を考え、成績を意識し、面接に備えている。一方、進学希望者はまだまだ本格的に活動していないのが、少し気になる。

○昨年度はコロナ禍の中、どう対応していいのかがわからず、また制限が多く、いろいろなことができなかった。本年度は、家庭科で調理実習を行えるなど、それなりに皆で工夫をしながらいろいろできるようになっている。

◇全国産業教育フェアの進み具合はどうか。

○コロナ禍の中、生徒の意見の発言の場がないため、先生方がいろいろ考えて進めている。先日の生徒実行委員会では、生徒実行委員会企画やスタッフジャンパーの色を決めた。

◇生徒たちの好きな科目、人気のある科目は何か。

○商業高校のため、簿記、ビジネス情報、PC関連の授業が好きだと言っている人が多い。進学者希望者の中には、簿記とマーケティングを関連付けて学びたいという人がいる。

◇中学生に浦商の魅力を伝えるとしたらどんなことか。

○「浦商では、楽しい科目が一つは見つかる。」ということ。

◇なぜ浦商を選んだのか。

○商業の科目はみんなスタートが一緒だから。加えて、PCが好きで、PC関係の資格が取得できて、就職に生かせるから。

◇入学前後のイメージの違いは何か。

○ビジネスマナーの勉強は1年生のうちから学べると思っていた。

○(「ICTをつかった授業はどうか」の質問に対して)プロジェクタをつかう授業は増えてきた。先生の示している部分がよくわかり、内容がわかりやすくなった。Google Classroomをつかった授業は、先生によっていろいろだが、使っていない授業の方がまだ多い。2年生の時の生物では、授業中に使用したパワーポイントの資料が、Google Classroomにも掲載されたので、テスト勉強で利用できてよかった。また、Google Classroomのストリームの機能では、個別に質問もできるのが良い。

浦商のホームページは見にくい。トップページを見ただけで、その先に進みたいとは思わなくなる。(【注意】スマホ向けのホームページのことを指している。PC用とスマホ用では見え方が違うので、今後作り込みの工夫が必要だ。by校長)

◇トイレの改修工事があったとのことだが様子はどうか。

○1・2年の校舎は全て洋式トイレできれいだったが、3年生の校舎はフロアの中央トイレのみが改修されている。学校は全体的にきれいで、それも浦商を選んだ理由の一つだ。

◇生徒募集について生徒からの意見はどうか。

○説明会に参加して、就職に強いのはわかったが、大学進学はどうなのかはよくわからなかった(この点はこの2年間でかなり改善できている。by校長)。検定試験も受験できる試験のことはわかったが、どれくらい勉強すればどれくらい受かるのかがわからなかった。普通高校と比べて、就職も進学もきちんとできるということをアピールしていくとよいと思う。

◇進路指導で役に立ったことはあるか。

進路ガイダンスの中でも、特に卒業生から個別に説明や質問を受けられること。求人票だけではわからないような、具体的な話が聴けた。

 

【写真】学校評価懇話会の様子(学校評議員:左側、生徒:右奥)

 

 

第1回学校評議員会【校長ブログ】

6/17(木)の午後1時45分から3時30分まで、浦商の学校評議員会(第1回)が開催されました。

いただいた意見の概要は以下のとおりです。いただいた意見は、校長の学校経営に生かしていくとともに、職員会議にて教職員へ伝え、よりよい教育活動の展開の参考にさせていただきます。

 

【学校評議員会】地域の経営者(2名)・大学関係者(1名)・近隣公立中学校長(1名)・本校PTA会長(1名)

学校情報の発信をもっと積極的に行うべきである。媒体としては、学校ホームページだけでなく、SNSも検討してみてはどうか。

◇昨年度に比べて、学校自己評価シートの指標について、その到達度が明確になる記述になった。どのように到達度を測定・評価するのか。

→「数字として成果が見えない項目については、教職員・生徒・保護者へのアンケートで測定・分析・評価する。」(回答)

◇公開授業を積極的に行うという取組は教員の授業力を向上させるよい取組だ。皆さんは忙しいだろうから、授業の様子を動画撮影・編集し、限定Web公開していつでもどこでも観られるようにするとよい

→「参考にさせていただく。」(回答)

◇生徒募集で成果を挙げるとのことだが、何か方策があるのか。

→「『中学生や保護者を学校ホームページで誘(いざな)い、学校説明会等でハートを掴(つか)む。』を合言葉にしている。学校ホームページを充実させるとともに、学校説明会では本校生徒をできる限り前面に出してハートをキャッチしようと考えている。」(回答)

◇商業科の良さをどう伝えていくか。

→「商業科でも情報処理科と同様にICTについてしっかり教えていることを伝えたい。加えて、マーケティングなどの理論科目を通じて論理力を鍛えることで、探究的な活動につなげ充実させ、コミュニケーション能力や創造性の高い生徒を育成したい。」(回答)

浦商版のキャリア・パスポート(キャリパス)は良く作り込まれている。振り返りによって、自分自身に課題を与えて、それをまた振り返りで検証し、自己肯定感を育てていく。ただし、自分自身では見えない部分もあるので、それをどう検証するかが大切だ。

→「キャリパスを担任へ提出し、面談で利用したり、コメントを記載したりしてフィードバックしている。」(回答)

◇全国産業教育フェア埼玉大会(10/30[土])では渋沢栄一の研究発表があるようだが、それは今後も引き継がれていくのか。

→「埼玉大学の先生の監修をいただきながら作成した教材があるので、それを来年度以降も授業で活用していきたい。その学びを探究活動につなげていきたい。」(回答)

【写真】1枚目:授業見学(英語のグループ学習の様子)、2枚目:授業見学(ビジネス情報の授業)

 

交通安全教育(生徒の感想)【校長ブログ】

本日(6/15[火])の総合探究・LHRにおいて、全学年共通で交通安全教育を実施しました。

交通安全・交通事故防止のビデオを視聴してワークシートを作成する学習です。

以下、R80(※)で記述した、生徒(1年生4名)の感想を紹介します。

※ R80  「アール・エイティ」と読む。2文を接続詞でつなげ、論理的な文章を作成するツール。

浦商には、さらに発展的な論理力育成ツール「PREP」(プレップ、4文160字で作成)もある。

【R80】

○ 自転車の事故(1年2組)

「私達、高校生の交通手段の多くは、自転車だと思います。したがって、誰でも自転車事故に遭ってしまう可能性があるので、保険などの備えをしておく事が大切だと思いました。」

○ 一度、他人の気持ちになってみる(1年2組)

「私はいつ事故にかかわってもおかしくないと思った。したがって、自分のことだけではなく、相手のことを考えて行動していこうと思う。また、視野の広い人間になっていきたい。」

○ 交通安全に関する動画を視聴して(1年4組)

「自転車の乗り方について改めて確認することができました。自分が加害者にならないよう、また、事故を起こさないようにルールを守り、自分の身は自分で守ろうと思いました。」

○ 交通安全に関する動画を視聴して(1年4組)

「今回の交通安全に関する動画を観て、もう一度、自分の行いを見直していこうと思った。また、自転車安全利用五則をしっかりと守り、万が一の時のことも考え、利用していきたい。」

※ 自転車安全利用五則

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外 2.車道は左側を通行 3.歩道は歩行者優先で、車道側を徐行

4.安全ルールを守る(二人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯、交差点では信号順守・一時停止・安全確認)

5.子どもはヘルメットを着用

【写真】1枚目:体育館(1・2年生)、2枚目:コンピューター教室(3年生)、3枚目:メモ密度の高さ=浦商の強み

 

 

 

 

 

 

【予告】 

第1学期終業式と第2学期始業式は、各教室にて行います。理由は、暑さ対策・感染症対策・BYODによる学習支援の練習のためです。

 

 

渋沢シンポに向けた研究スタート【校長ブログ】

本日(6/11[金])の4限、総合情報実習(情報処理科2年1組)の授業を見学しました。

この授業では、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)において商業高校が参加する「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」(渋沢シンポ)に向けて、渋沢翁の功績をもとに、自ら問いを見つけ協働しながら諸課題解決に当たっています。

現在は、本格的な探究活動を前に、渋沢翁について調べ発表することを通じて渋沢翁やその功績を知ろうとしています。

発表後、埼玉県教育委員会が東京大学と連携して研究を進めている「知識構成型ジグソー法」を用いて、本格的な探究活動を始めます。

浦商では、知識を習得することに加えて、つかえる知識(=知恵)を身につけることを目指します。

【写真(情報収集と整理・分析)】※探究活動は、課題の設定、情報収集、整理・分析、まとめ・表現で構成される。

 

 

 

 

 

 

【第31回全国産業教育フェア埼玉大会「渋沢シンポ」サイト】

https://sanfair2021.spec.ed.jp/shibusawa-eiichi-symposium

教育実習生研究授業【校長ブログ】

浦商では、5/24(月)より3名の教育実習生を受け入れてきました。教科は商業科1名(2週間)、理科1名と保健体育科1名(3週間)です。

本日(6/11[金])、理科と保健体育科の教育実習生の研究授業が行われました。

【写真】1枚目「理科:DNAについて」、2枚目「保健:健康について」

 

 

 

 

 

 

【校長コメント】

今日の学校の授業は、教授パラダイムから学習パラダイムへと進化を遂げている。授業の主役は教師ではなく、生徒である。生徒の授業参画度をいかに上げ、生徒の理解度を検証しながら次の指導に生かすことが大切である。ところが、生徒の授業参画度や理解度は観察だけではなかなか検証できない。だから、生徒のアウトプット(書く、対話する、発表するなど)の場面をたくさん設けて、そこから次の指導や支援に工夫を加えるのである。

渋沢シンポ出場校決定【校長ブログ】

10/30(土)にウエスタ川越を拠点としてインターネット上で開催される、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)において、埼玉県内の商業高校は「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」(渋沢シンポ)を開催します。

これは、商業高校生が渋沢翁の功績を研究し、その成果をプレゼンテーションやシンポジウムという形で発表するものです。埼玉大学人文社会科学研究科の大石直樹准教授に監修やコーディネートをいただきます。

この度、この渋沢シンポの出場校が決定しました。もちろん浦和商業高校はその出場校(5校)の1校です。

◎「さんフェア埼玉2021」(埼玉県教育委員会)の「渋沢シンポ」サイト

https://sanfair2021.spec.ed.jp/blogs/blog_entries/view/21/029d40402fc211baf6dce5a9034a21d9?frame_id=58

 

 

祝!珠算部全国へ【校長ブログ】

浦商珠算部が6/5(土)、第68回全国高等学校ビジネス計算競技大会埼玉県予選会(埼玉県民活動センター・伊奈町)へ出場しました。

その結果、珠算の部の団体競技において、見事に優勝を飾りました。団体競技としては3年ぶりの全国大会出場となります。

加えて、同じく珠算の部の個人総合競技においても、第3位・4位・6位に入賞し、全国大会へ出場となりました。

全国大会は、当初、福島県での開催で予定されておりましたが、コロナ禍のため、オンラインで各地から参加して行うこと(7/23[金])となっております。

埼玉県は、県立深谷商業高校からオンライン参加(7/23[金])で行います。浦商の全国大会における健闘と活躍を期待しています。

【写真】

 

 

 

祝!ボート部関東第2位【校長ブログ】

浦商ボート部は令和3年度関東高等学校ボート大会兼第61回関東高等学校選手権競漕大会(神奈川県相模湖)に出場しました。

第2日(6月6日[日])の成績は次のとおりです。

○準決勝

女子ダブルスカル  第1位  決勝へ

男子ダブルスカル  第5位  

男子クォドルプル  第3位  決勝へ

○決勝

女子ダブルスカル  準優勝

男子クォドルプル  第6位

今回の大会を振り帰り、次のインターハイに向けての練習に生かしてください。

【写真】

1枚目:ボートを調整する生徒・顧問(男子クォドルプル)

2枚目:準決勝1位通過後、レースを振り返る。(女子ダブルスカル)

*部活動も主体的・対話的で深い学び=自らのパフォーマンスを対話により振り返り課題解決に生かす。

3枚目:決勝女子ダブルスカル2位

4枚目:決勝男子クォドルプル6位

 

 

祝!電脳部全国へ【校長ブログ】

6/5(土)、電脳部(コンピューター部)が、第33回全国高等学校情報処理競技大会埼玉県予選会(@埼玉県民活動センター・伊奈町)に出場し、個人の部において2名が見事全国大会出場を決めました。おめでとうございます。

団体の部は惜しくも2位となりましたが、第1位とは僅差であり健闘しました。

 7/25(日)の広島市立大学での全国大会において、埼玉の代表として大いに活躍されることを期待しています。

 

【埼玉県商業教育研究会副会長・大会実行委員長「開会式あいさつ」(県立浦和商業高等学校長)】

選手の皆さん、おはようございます。コロナ禍の中、そして休みにもかかわらず大会に参加してくれてありがとうございます。

さて、国においてはデジタル庁の創設が、官民においてはDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進が図られています。学校においても国のGIGA スクール構想により小中学生に一人一台パソコンの供与がなされました。現在の小中学生はプログラミングが必修です。高校においても来年度から年次進行で実施される学習指導要領のもと、情報Iにおいてプログラミングが必修化されます。

このように官民学においてデジタル化が進展する中、本大会の意義はますます重要になっています。本日はこれまでの学習成果を十二分に発揮して質の高い大会となることを期待します。そして、その切磋琢磨の中、全国大会へ進む団体や個人が埼玉の代表として選ばれることを祈っています。頑張ってください。

 

さんフェア埼玉2021生徒実行委員会【校長ブログ】

6/4(金)午後4時からオンライン会議にて、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)の生徒実行委員会が開催されました。

本校からは吉野副委員長と中村委員が出席しました。

2人からは「生徒実行委員会内の役割分担が明確化し、全国大会開催に向けた前進が感じられた。」との力強い発言がありました。

【さんフェア埼玉2021サイト】(埼玉県教育委員会)

https://sanfair2021.spec.ed.jp

学習者中心の授業Ⅱ【校長ブログ】

校長による授業観察が続いています。

本日(6/4[金])は、3年生の国語表現の授業に伺いました。

この授業の特徴は、文章を発声して読むことや短文記述がたくさんとり入れられていることです。

授業中に発言したり文章を書いたりというアウトプットがたくさんあると、生徒は読んだり説明を聴いたりというインプットや、自分の頭で考えるというスループットをがんばります。なぜならば、アウトプットには、アウトプットするための情報(料理に例えれば「材料」)と、それを相手にわかりやすく説明するための情報の整理(料理に例えれば「調理」)が必要だからです。

浦商では、「アウトプットの前提があるとインプットやスループットをがんばる。」という学習者主体の授業を展開します。優れた料理人がおいしい料理をお客様に提供するために、良い材料を仕入れ、優れた方法で調理するのと同じです。

【写真】  

アウトプットする(写真は文章記述)ためには、先生の説明をしっかり聴き教科書を理解しながら読み(インプット)、自分の頭で考えて表現すること(スループット)が必要だ。

学習者中心の授業【校長ブログ】

校長による授業観察が始まりました。

本日(6/3[木])は、3年生のコミュニケーション英語Ⅲを授業観察しました。

Word guessing gameはクイズ形式で、スクリーンに向かって座っている生徒がスクリーンに示された写真を英語で説明し、スクリーンを背にした生徒がその言葉を当てます。

 

 

 

 

 

 

リテリングは、先生の説明を受けて、隣の人に自分の言葉でもう一度説明します。先生の説明を整理して理解し、隣の人へ自分の言葉で筋道立ててわかりやすく説明します。こうすることで本当の理解、深い理解へとつながります。

 

 

 

 

 

 

浦商では、自動車に例えれば、後部座席に座るのではなく、助手席、できれば運転席に座る(=自動車を運転する)ような学習者中心の授業を勧めています。

 

「さんフェア埼玉2021」サイトに注目【校長ブログ】

全国の専門高校(農業・工業・商業高校など)の学習成果の発表の祭典である「第31回全国産業教育フェア埼玉大会」(10/30・土)のホームページ(埼玉県教育委員会)に、同フェアにおいて商業高校が取り組む「全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト」と「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」のコーナーが開設されました。

浦商は、どちらのイベントにおいても商業高校のリーダー的役割を果たします。

 

【全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト】

全国の商業高校生がマーケティングに関するクイズに挑戦しながら学び合う。(日本大学商学部岸本徹也教授ゼミナールと共催、一般社団法人日本販売士協会協賛)

https://sanfair2021.spec.ed.jp/retail-marketing

※ 6/18(金)の放課後、このコンテストに向けた関東地区の練習大会(オンライン)を開催する。

(練習会の様子は後日、本サイトで紹介する。)

【出場校】 千早高校(東京)、君津商業高校(千葉)、熊谷商業高校・岩槻商業高校・所沢商業高校・

    浦和商業高校・大宮商業高校・新座総合技術高校・深谷商業高校(埼玉)※9校・18名が参加

【彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム】

埼玉県の商業高校生が渋沢栄一翁について研究・発表・対話する。(埼玉大学人文社会科学研究科 大石直樹准教授監修)

https://sanfair2021.spec.ed.jp/shibusawa-eiichi-symposium

 

体育祭予行(5/26[水])【校長ブログ】

2年ぶりの体育祭開催に向けて、5/26(水)に体育祭予行を実施しました。

突然ですが、知識には形式知(文字や表、図形などで説明できる知識)と暗黙知(文字や表、図形などで説明できない知識)があります。形式知の典型的な例がマニュアルです。

体育祭の予行を見ていて思ったことは、「暗黙知の減少」です。

マニュアルのような形式知は引き継がれているのでしょうが、1年間のブランクで体験・経験という暗黙知が引き継がれなくなっています。

それでも、さすが浦商の職員と生徒です。予行が進行するに連れて、お互い声を掛け合いながら経験知を高め、進行がスムーズになっていきました。

浦商生は、「体育祭は競技する人だけでなく、観察・審判、記録・得点、用具、招集・誘導、放送など運営を支える役割があるんだな。」と実感したのではないでしょうか。

明日(5/27[木])は天候の悪化が強く予想されますので、体育祭は5/28(金)に延期します。体調を整えて臨んでください。

【写真】

1枚目・・・圧巻! 八百余名の準備体操

2枚目以降・・・各係の様子「決勝・退場①」「本部・放送」「招集・誘導①」「招集・誘導②」「用具」「決勝・退場②」

PTA・後援会役員会・理事会【校長ブログ】

5/22(土)、令和3年度PTA・後援会第1回役員会・理事会を開催しました。役員会に続いて開催された理事会には、75名の理事(保護者)さんが参加してくださいました。

昨年度からのコロナ禍のため、1年生のみならず、2年生の理事さんも初めての理事会参加となりました。

会の最後に、本校渉外部主任が「子どもたちのため学校のため、できることをできる範囲で無理なく楽しくやっていきましょう。」旨を申し上げました。コロナ後の新しいPTA・後援会活動を模索する一年となりそうです。皆さんよろしくお願いいたします。

 

いよいよ中間考査【校長ブログ】

いよいよ明日からの3日間(5/19・水~21・金)、中間考査が実施されます。

1年生にとっては高校入学後初めての定期考査、2年生にとっては来年度の進路に向けて地力をつけるための定期考査、そして、3年生にとっては進路に直結する定期考査です。

これまでの学びを振り返って、理解していることと理解していないこと、できることとできないことの区別を明確にして、足らない部分を克服するよう努力してください。

なお、定期考査2日目(5/20・木)の放課後の自宅にて、学校と自宅を結ぶ通信環境を調べる調査を行います。時間は約10分弱ですので、今後のICT教育推進のため、少しだけ時間をもらえればとお願いします。なお、本日(5/18・火)の帰りのSHRにて、この調査の説明を行いますので、しっかり聴いて調査への協力をお願いします。

生徒総会【校長ブログ】

本日(5/11[火])の総合探究の時間に生徒総会を実施しました。

コロナ禍のため、生徒は放送をつかって各クラスから参加しました。

生徒総会では、生徒会本部や各委員会からの提案や報告に対して、質問や意見を募ったり、採決をしたりする場面があります。

生徒会本部役員等は、各学年フロアの廊下に配置され、各クラスからの意見や質問を受け付けたり、採決の様子を放送室へ報告をしたりしていました。

 

【写真】

1枚目:司会進行、2枚目:生徒会本部活動方針について説明する吉野生徒会長(=パブリック・スピーチの名手)、3枚目:浦商の強み=「自分事」として参加する生徒たち(2年4組)

 

 

 

 

同窓会からの支援【校長ブログ】

本日(5/10[月])、土屋同窓会長が来校され、ソフトボール部へユニフォーム代の支援、そして、学校全体へコロナ禍におけるICT教育への支援をいただきました。

ソフトボール部は今回、関東大会県予選へ出場し、勢いに乗っています。今回の同窓会支援による新しいユニフォームを着用して、一層活躍されることを期待しています。

また、コロナ禍におけるICT教育への支援については、県予算で配置したWi-FiやBYOD(Bring Your Own Device:生徒の情報端末を活用した情報教育)と相乗効果が生まれるよう有効活用いたします。ありがとうございます。

【写真】

1・2枚目:ソフトボール部への支援金の授与、3枚目:学校全体へのICT教育支援金の授与

ボート部関東大会へ【校長ブログ】

5/7(金)・8(土)、戸田ボートコースにおいて、令和3年度関東高等学校体育大会ボート競技県予選会が開催されました。

浦商ボート部は、女子ダブルスカル、男子シングルスカル・ダブルスカル・クォドルプルの計4クルーが関東大会(6/5・土~6・日、神奈川県立相模湖漕艇場)へ出場することが決まりました。

関東大会への出場をお祝するとともに、関東大会におけるさらなる飛躍を期待します。

 

【浦商ボート部決勝の結果】

〇男子シングルスカル 4位(関東大会へ①)、6位

〇女子ダブルスカル  1位(関東大会へ②)、6位

〇男子ダブルスカル  3位(関東大会へ③)

〇男子クォドルプル  3位(関東大会へ④)

【写真】

1枚目(①男子シングルスカル:最奥)、2枚目(②女子ダブルスカル:手前)、3枚目(③男子ダブルスカル:最奥)、4枚目(④男子クォドルプル:奥から2番目)

 

リテコンin関東の出場校募集【校長ブログ】

埼玉県教育委員会は、本年10/30(土)、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)をウエスタ川越にて開催します。

この中で、埼玉県の商業高校は「全国商業高校生リテールマーケティング・コンテスト」(リテコン)を実施します。リテコンは、商業教育においてさらなる強化が求められているマーケティング分野の活性化を図ることを目的にしています。具体的には、全国の商業高校生が、日本大学商学部の岸本ゼミの学生が作成・出題するマーケティングに関する問題をテレビ会議システム(Zoom)上で解答し競い合うとともに、学び合うものです。

今回は、10/30(土)のさんフェア埼玉2021を前に、まずは関東地区の商業高校・商業高校生を対象に6/18(金)の午後3時50分からリテコンを開催します。既に、各都県教育委員会を通じて、関東地区の商業高校へ開催のお知らせを発出していますので、そちらをご覧の上、お申し込みください。

 

 

勝利!バスケ部【校長ブログ】

本日(4/29・木)、浦商を会場にして、令和3年度関東高等学校バスケットボール大会埼玉県予選会の南部地区予選が開催されました。

午前9時から出場した、浦商女子バスケットボール部PHOENIXは、見事、常盤高校に76−32で勝利しました。

今日の試合を振り返り、良い点や改善すべき点を見出して、練習で伸ばし修正してください。部活動も「主体的・対話的で深い学び」の場です。自ら進んで自分やチームのプレーを見直し、仲間と話し合いながら、勝利に向けて課題解決を行ってください。

次の試合も応援しています。ガンバレ、浦商!

渋沢シンポの参加校募集【校長ブログ】

埼玉県教育委員会は、本年10/30(土)、第31回全国産業教育フェア埼玉大会(さんフェア埼玉2021)をウエスタ川越にて開催します。

この中で、埼玉県の商業高校は「彩の国商業高校生渋沢栄一シンポジウム」(渋沢シンポ)を実施します。渋沢シンポは、埼玉県の商業高校生が郷土が生んだ日本資本主義の父である渋沢栄一翁の功績について研究し、さんフェア埼玉2021においてポスターセッションやプレゼンテーション、シンポジウムという形で発表するものです。スーパーバイザーやコーディネーターとして、渋沢翁の功績に造詣をお持ちの埼玉大学の大石直樹准教授や渋沢スピリッツを持った県内の起業家をお招きし、指導や助言もいただく予定です。

渋沢シンポでは、5月末を締め切りに、県内商業高校から広く参加を募集しますので、多くの商業高校・商業高校生の参加をお待ちしています。

大型連休直前日【校長ブログ】

GW直前の本日(4/28・水)は、学年それぞれの活動が行われた日でした。

1年生は春の遠足を実施せず、LHRやレクレーションを中心としたプログラム(学校HPのトップページも参照)を実施しました。前半はドッチボール、後半は大縄跳びでした。感染症対策を実施する中でも、かなり盛り上がっていました。

2年生は春の遠足として修学旅行に向けた東京駅集合練習や都内散策を行う予定でしたが、東京都の緊急事態宣言の発令を受けて延期としました。遠足は、コロナ禍の状況を踏まえて後日に実施します。よって、今日は、3つの学年の中で唯一の授業でした。

3年生は富士急ハイランド(山梨県)への遠足を実施しました。3年生は2年次に延期の末、修学旅行は中止となりました。そこで、感染症対策や方面に工夫をする中、希望者のみで遠足を実施しました。

【写真】

富士急ハイランドへ向かう3年生(1枚目)、楽しく授業の2年生(2枚目)、ドッチボールと大縄跳びの1年生(3・4枚目)


 

離任式【校長ブログ】

本日(4/23[金])の午後、離任式を行いました。

本日お越しいただいた転出された4名の先生方からは、「いずれ社会に出る皆さんには、自分から行動できるようになってほしい。」、「現実をしっかり見つめて挑んでほしい。」、「夢をあきらめない。」、「目標を持って、浦商生として胸をはって卒業できるよう努力していってほしい。」といった励ましの言葉をいただきました。

生徒の皆さんは、先生方からいただいた言葉をしっかりと受けとめ、勇気や元気を持って明日からの学校生活に励んでもらいたいと思います。コロナに負けるな、浦商生!!

昼食時の注意喚起放送【校長ブログ】

浦商では、放送部が昼休みに感染症予防のための注意を換気する放送を行っています。

放送部員が選んだ曲をBGMに「昼食前後の手洗いの励行」や「自席で無言で食事をすること」、「友人との会話は食事後にマスクを着用して楽しむこと」と放送で呼びかけています。

浦商生は、放送のとおり、食事をする際には十分注意をお願いします。なお、昼食は、「学校におけるコロナ感染の急所」と言われています。

放送部の皆さん、毎日ありがとうございます。

 

芸術鑑賞会【校長ブログ】

6カ月の延期を経て、場所を埼玉会館から本校体育館へ変更して、いよいよ芸術鑑賞会を開催しました。

演目は、一般社団法人日本芸術鑑賞協会による演劇公演「僕の教室」です。

本校生徒3名も役者として参加し、また会場とのやり取りの場面も多く、ステージとフロアが一体となった芸術鑑賞会となりました。

感染症予防の換気のため多くの窓や扉を開けていたため、照明や音声の環境がよろしくなかったにもかかわらず、さすがプロという巧みの技や表現によって我々を魅了してくれました。

【写真】

導入部分(1枚目)、ステージ上はまさに教室(2枚目)、本校生徒3名(右方向3名)も参加(3枚目)

 

 

 

知識をつなげる【校長ブログ】

4/19(月)、3年生は総合的な探究の時間とLHRで、進路ガイダンスⅠを実施しました。

その中で、進路指導主事から進路実現に向けた心構えや進路活動の進め方などについて説明がありました。

さっそく、先日(4/12・月)の生徒手帳のつかい方講座の成果が表れ、生徒は生徒手帳にしっかりメモを取っていました。

学びにおいては、「つなげる」ことが大切です。例えば、生徒手帳にとったメモをキャリアパスポートに写して整理したり、ある先生とある先生あるいは友人のアドバイスをつなげてまとめてみたり、生徒手帳とキャリアパスポートをつなげて理解を深めてみたりなどです。このように知識と知識をつなげると、今までと違う見方・考え方ができるようになったり、それまで考え付かなかった解決方法が思い浮かんだりするようになります。

「つなげる」をヒントに学びを進めてみてください。

 

【写真】

進路ガイダンスⅠ全景(1枚目)

一斉にメモをとり始める浦商3年生(2枚目)=生徒手帳をつかって知識をつなげる。

 

 

 

昼食時の注意【校長ブログ】

埼玉県では、新型コロナウイルス感染症に関して、まん延防止等重点措置の適用を政府に要請する方針を検討しています。また、先行して適用の大阪府では、部活動の原則中止を学校に要請する方針を検討しています。

このようにコロナ禍は大変厳しい状況にあります。

ついては、これまで以上に「3密を避け3つの徹底を図ること」と同時に、特に「食事は自席で、会話禁止」の徹底を図ってください。会話は食事が終了してマスクを着用してからお願いします。

 なお、見回り中、生徒からの質問に、私(校長)は「3階渡り廊下の食事も可能」と回答しましたが、これは誤りです。申し訳ありませんが、自席で会話禁止の徹底のため、教室で食事をとってください。

【写真】

自席で会話なしで食事をとる生徒(1枚目) ※皆さんの安心・安全のため、しばらく我慢してください。

教室掲示のポスター(2枚目)

 

部活動見学の実施【校長ブログ】

4/12(月)・13(火)、新入生の向けの部活動見学を実施しました。

なお、部活動加入届(顧問から担任へ)の提出は4/23(金)が期限となっていますが、大会などのエントリーも始まっていますので、早めに提出して活動に参加しましょう。

入学式の式辞でも伝えましたが、浦商では学習・学校行事・部活動を三位一体に展開することで高度な人格形成を図ります。部活動に参加しないと、その相乗効果が生まれにくくなります。ぜひ全員が入部を済ませてください。

部活動を通じて、良い習慣を身につけ、高い人格を形成してください。

 

生徒手帳の使い方講座【校長ブログ】

4/12(月)、学年ごとに、生徒手帳の使い方講座を実施しました。

昨年度(令和2年度)の学校自己評価システムシートにおける自己評価や学校関係者評価において、生徒手帳を有効活用すべきとの意見が出ました。

これを受けて、本校生徒指導部が、株式会社ラーンズの方を講師に迎え、学年ごとに生徒手帳の使い方講座を開催しました。

生徒の皆さんには、生徒手帳にメモ・記録した内容を踏まえて、学習計画を立てたり振り返ったり、キャリア・パスポートに記入したりと、生徒手帳と皆さんの学びのツール(学習の手引やキャリア・パスポートなど)をうまく結び付けてください。

【写真】

2年生講座全体風景(1枚目)、浦商生である証拠「メモをとる」(2枚目)

 

 

 

図書館オリエンテーション【校長ブログ】

4/12(月)、1年生に対して、クラス別図書館オリエンテーションを実施しました。

図書館には、読書センター、学習・情報センター、生徒の居場所の機能があります。大いに活用し、皆さんの学びを効果的なものにしてください。

また、グーグルクラスルーム内の「図書館」ルームから、鮮度の高い読書情報も発信しています。

加えて、読書活動の推進のため、浦商では、朝読書(各学期末)も実施しています。教職員からは「空いている時間に本を読む生徒が増えてきた。」、「朝読書により一日が落ち着いた雰囲気で始まるようになった。」などの感想も寄せられています。

最後に、図書館報「年輪」に掲載した校長の巻頭言を掲載します。

 

※ 「知識を知恵に換える読書」(校長)

  図書館報「年輪」巻頭言(R2).pdf

 

【写真】司書による図書館オリエンテーション@図書館

 

キャリア教育・進路指導の浦商【校長ブログ】

4/12(月)1時間目、本年度のキャリア教育・進路指導がスタートしました。

第1学年は、浦商版キャリア・パスポートの記入です。キャリア・パスポートとは、「自らの学習状況やキャリア形成を見通したり、振り返ったりしながら、自身の変容や成長を自己評価できるよう工夫されたポートフォリオ(書類をまとめたもの)」です。このキャリパスは、主体的に学びに向かう力や態度を育てるツールです。本日は、中学校時代を振り返って、高校生活をどう送るかについて考えてもらいました。

第2学年は職業適性検査、第3学年はSPI検査を行いました。いずれも職業についての能力や適性を測定する検査です。キャリア(生涯において果たす自らの役割の価値と自分との関係を見出していく積み重ね)という大きな枠組みの中から、自身の進路を考える参考としてください。

これまで抜群の進路実績をあげてきた浦商は、キャリア教育という大きな枠組みの中で進路指導を行っています。

【写真】

1年生のキャリパスの作成(1枚目・2枚目)

2年生の職業適性検査(3枚目)

3年生のSPI検査(4枚目)

 

 

新入生オリエンテーション【校長ブログ】

4/9(金)、対面式に続いて、新入生オリエンテーションを実施しました。

生徒会活動のこと、部活動のこと、学習指導や生徒指導、進路指導のことなど、たくさんの情報が提供されました。

新入生は、振り返って、頭の中を整理しておいてください。

 

【オリエンテーションの様子】

生徒会長挨拶・生徒会活動の紹介(1枚目)、スライドをつかった部活動紹介(2枚目)、生徒指導主任の話(3枚目)




 

対面式【校長ブログ】

4月9日(金)、新入生と2・3年生の対面式を行いました。

本年度は3密(密閉・密集・密接)を避けるため、校内放送を活用した挨拶(生徒会長・新入生代表生徒)と、2・3年生の代表生徒が新入生の各クラスを訪問して、記念品(生徒会誌「しらはた」+ボールペン)の贈呈や一言助言を行いました。

 新入生は、上級生の方をしっかり向いて話を聴いていました。既に浦商の学びの姿勢が身についています。今後は、本日もらったボールペンを用いて、生徒手帳に大切なことをメモするようになれば、立派な浦商生です。

【写真】

「記念品の贈呈」(1枚目)と「上級生からのメッセージ」(2枚目)

令和3年度入学式【校長ブログ】

 4月8日(木)、令和3年度入学式を挙行いたしました。

 先の見通しが立たないコロナ禍の入学者選抜を乗り越え、晴れて浦商へ入学された生徒の皆さん、入学おめでとうございます。

 校歌1番にある「誠の心一条に学びの道を進みなむ」のとおり、強い意志をもって浦商での学びを進めてください。

 

【校長式辞】

令和3年度入学式式辞(浦和商業高校).pdf