最 新 情 報

浦商ブログ

生徒総会

5月7日(火)7時間目 生徒総会

 令和6年度 生徒会活動方針

    生徒ひとりひとりが楽しく元気よく!

    一生心に残る思い出の中で、       

    ともに進化し、

    輝く学校生活を

    一緒に。

 各種委員会の活動方針も 凝ったものばかり・・・                  

    

今年も浦商祭(文化祭)やスポーツ大会楽しみです!

遠足に行ってきました!

     

4月26日(金)遠足に行ってきました!

  1年生 東京ドームシティ

  2年生 横浜市内見学

  3年生 東京ディズニーランド

天気にも恵まれ 笑顔 たくさんの思い出ができました・・・

「ぽん太のタヌキ日記」61 ぽん太ファミリー、ついに映画デビュー⁉

みなさん!こんにちは!タヌキの”ぽん太”です!

「ぽんたのタヌキ日記」 61

ぽん太ファミリー、ついに映画デビュー⁉

皆さん!聞いてください。ぽん太ファミリーが映画デビューすることになりました。監督は関野吉晴さん(探検家・文化人類学者・医師・武蔵野美術大学名誉教授)でタイトルは『うんこと死体の復権』。関野さんは、アフリカで誕生した人類が南米最南端まで拡散した5万キロの足跡を動力を使わずに逆ルートで辿る「グレートジャーニー」を10 年で踏破した探検家なんだ。その関野さんが注目したのが、「うんこ」にこだわる3人の人間。野グソをすることに頑なにこだわり、半世紀に渡る野グソ人生を送っている菌類の権威、伊沢正名(いざわ・まさな)さん。ウンコから生き物と自然のリンクを考察する生態学者の高槻成紀(たかつき・せいき)さん。そして、死体喰いの生き物たちを執拗に観察する絵本作家の舘野鴻(たての・ひろし)さん。僕らタヌキの食性をタメフンの分析で明らかにした高槻先生の調査の様子が映像と共に紹介される。公開は今年の8月、順次全国でロードショーを予定している。早く観たいなぁ。みんなも観てね!

▼「ぽん太のタヌキ日記」でも、浦商での撮影風景を紹介しているよ。

 

 

※浦商(グランド)での撮影風景

2022年11月05日に、麻布大学高槻成紀先生の調査の様子が撮影された。映画では浦商タヌキの映像やタメフンが野鳥たちのエサになる様子など理科の先生が校内で撮影した映像も紹介される予定だ。

※「ぽん太のタヌキ日記」は、校内や隣接する白幡沼周辺に生活するタヌキたちの様子をご紹介する記事です。2021・2022・2023年と続けて子ダヌキが産まれ、毎年4~7頭のタヌキファミリーが観察されています。タヌキたちが生息できる素敵な環境を大切にしたいと思います。記事は随時更新をしています。

 

※吉野吉晴 初監督 作品

映画「うんこと死体の復権」公式サイト

https://www.unkotoshitai.com/

2024年 夏公開予定!ポレポレ東中野ほか​ 全国順次ロードショー

課題研究「ビジネス探究講座」で外部講師による特別授業

3年生の課題研究「ビジネス探究講座」で、外部講師による特別授業を行いました。

古着の無人販売店「DIGMART」の経営者であり、また、東海ミシン製本工業株式会社の代表取締役でもある升掛 学さんにお越しいただき、生徒たちからの質問に答えていただきました。

生徒たちからは「起業」や「店舗経営」などに関する質問が次から次へと飛び出し、あっという間の50分間で、学び多き時間となりました。