最 新 情 報

金融教育(3学年)

12月13日(火)に株式会社の資金調達の方法や株式の仕組みについて学ぶ金融教育の講義とグループ活動を行いました。

むさし証券株式会社様より講師の先生方が各教室でお話していただきました。1時間目にはお金についての授業として、成人するとはどのような責任が伴うのか、そこにはお金の管理も必要であることを具体的に例を挙げながらお話いしていただきました。一人暮らしするにはどの位お金がかかるのか、働くとどのくらいのお給料が平均どの位もらえて、税金など差し引かれる事などを聞いて、意外とお金がかかる事や手取りの金額に驚く生徒もいました。ライフプランについても考えてみました。車をローンで買ったら、結婚式あげるとすると、老後についてもどの程度お金がかかるのか色々考えさせられる具体的なお話でした。

2時間目には、将来に備えるために貯蓄と投資というお話もしていただきました。株式投資とはどんなものなのか、具体的に株主のになった場合の利益の計算の仕方やメリットデメリットの話も、具体的に例を挙げて話してくださいました。

 

3時間目のグループ活動としては、各グループで有望企業を見つけようというテーマで、実在する10社の中から、過去の業績の推移や株価の動き、最近のニュースなどから1000万円を投資する企業を選びました。どの会社にどの位の株数を買うのか、1000万円すべて使い切るのではなく、手元に少し残した方がいいのではなどの話し合いをし決めていきました。その後、各グループの代表がなぜその会社に投資したのかなど、発表をしてもらいました。具体的に最近のニュースからこの企業に決めたなど、具体的に発表していました。

 

発表の後に、10社の株価が変化したのか講師の先生から発表され、その数字をもとに利益を算出し、各教室で一番利益を出したグループは表彰されました。自分が思ったほど値上がりしなかった・・・や、とりあえず買える株がこれしかなかったのに、それが値上がりしてもっと買っておけば良かったなど、感想を話していました。

講師の先生と表彰された生徒たち

大人としてどのようにしていかなければならないのか金融教育という面で、生徒たちはいろいろと学ぶことができました。むさし証券株式会社の講師をしてくださった先生方、ありがとうございました。生徒たちが卒業してからもこの知識を活かして頑張っていってもらいたいと思いました。