バドミントン部 日誌

令和4年度 活動報告(3・4・5月)

3月 春休みの活動

 新型コロナウイルスの影響により、会長杯ダブルス大会が中止。春休みは、制限がある中で、練習試合を2度実施しました。県大会常連の強豪校の上尾高校や東部地区でシードを持つ庄和高校と練習試合をさせていただきました。力不足で全く相手にならない試合が多くあったものの、自分たちの弱みや今後の課題がたくさん見えてくるとても良い練習試合となりました。

4月 関東大会南部予選 団体戦

  1回戦敗退 浦和商業 0-2 大宮開成

試合の内容は悪くなかったものの、あと一歩及ばず敗退。3年生が出場できる最後の団体戦となりました。

5月 インターハイ予選 個人戦

  ダブルス 3ペア/出場5ペア 3回戦(ベスト32決め)まで進出

   瀧嶋・高橋ペア(3年)、町田・草野ペア(3年)、吉川・金森ペア(2年)

  シングルス 2回戦進出 3名

 大会本番では、練習してきた成果を発揮し、これまでで一番良いプレーができたと思います。この大会を持って、3年生は引退となりました。新型コロナウイルスの影響により、思うような活動ができないこともありましたが、3年生は最後まで一生懸命頑張ってくれました。

今後は、2年生11名、1年生6名の計17名で活動していきます。

技術や体力の向上だけではなく、選手一人ひとりが人間性を磨き、周囲から応戦されるチームになっていきたいと思います。

最後に、本校女子バドミントン部は、高校生のみならず、中学校との合同練習や練習試合も可能です。高校生と練習をしてみたいなどありましたらお問い合わせください。(顧問:手島)

外部コーチ(前任校の教え子で実業団で活躍、本校OG)などもたまに顔を出し、部員の指導にあたってくれています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本校生徒へ

 初心者・経験者問わず、部員を常に募集しています。一緒に青春しませんか?