校長室より

進路研修会(第2学年)【校長ブログ】

 2/4(火)、第2学年においては、「進路ノートを使用した『主体的・対話的で深い学び』の実践」に関する研修会を実施しました。

 本事業は、埼玉県立総合教育センター「『主体的・対話的で深い学び』を実現する校内組織マネジメントの向上」の一環として実施するものです。

 公益財団法人日本進路指導協会理事・調査部長の千葉吉裕氏を講師としてお招きし、「進路ノート(全国高等学校進路指導協議会)」をつかった「主体的・対話的で深い学び」の教授・学習方法に関する師範授業を実施していただきました。

 千葉先生からは、今後は知識・技能の習得に加えて、主体性や創造性を身に付けて世の中の仕組みやシステムを作り上げる能力が求められていることが生徒に伝えられました。

 この「主体性や創造性を身に付けて世の中の仕組みやシステムを作り上げる能力」を育成する学習方法が「主体的・対話的で深い学び」なのです。

 

 

 

 

 

 第2学年全生徒が総合実践室に集合

 

 

 

 

 

 

 

 

熱弁をふるう千葉先生

 

この後、生徒は進路ノートを使用した活動を実施した。