校長室より

日本大学商学部との連携授業に向けて【校長ブログ】

5/17(火)、日本大学商学部の岸本徹也教授ゼミナールと連携授業について打ち合わせを行いました。

連携授業では、岸本ゼミの大学生が「インストア・マーチャンダイジング」に関する理論を説明するとともに、グループワークの実習を行ってくれます。インストア・マーチャンダイジングとは、簡単に言うと、モノやサービスが売れる仕組みのことです。

本日は、本校のマーケティング授業担当者と岸本教授、ゼミ生2名が、連携授業に関する打ち合わせを行いました。

なお、連携授業は6/10(金)と24(金)の第1限に実施します。

その成果は、第32回埼玉県産業教育フェア(大宮ソニックシティ、11/12[土])の中で実施する「リテールマーケティング・コンテスト(リテコン)」で発表します。リテコンでは、岸本ゼミ生が作ったクイズ(早押し問題・ケース問題・チーム問題など)に埼玉県の商業高校生が挑戦し競い学び合いを行います。

 

【写真】連携授業教室(第1講義室)にて打ち合わせを行う、日本大学生(右の2名)と本校マーケティング授業担当者(左)