校長室より

ネットトラブル注意報(県教委)【校長ブログ】

 埼玉県教育委員会発行の「ネットトラブル注意報」を掲載します。

 新型コロナウイルス感染症によって、普通の会話よりもネット上でのコミュニケーションが増えていると思います。

 今回の注意報は、「普通の会話ではうまく伝わることが、SNS上では誤解されてしまうことがある。」という内容です。

 普通の会話では言葉そのものに加えて表情や話し方によって意図した内容が伝わりやすいが、SNS上では表情や話し方が見えないことから、伝えたい内容と異なる、意図せざる結果が伝わってしまうこともあります。

 この「ネットトラブル注意報」をよく読んでしっかりした対応をすることで、トラブルを起こしたりトラブルに巻き込まれたりしないようにしてください。

 

第2号 SNS等でのコミュニケーションの対面のコミュニケーションの違いについて.pdf