校長室より

オンライン・クイズ大会を見学【校長ブログ】

 7/30(木)、日本大学商学部岸本ゼミのゼミ生が岡山県立岡山南高校の生徒に対して行った、テレビ会議システム「Zoom」(ズーム)を利用したクイズ大会を見学しました。

  はじめは〇×問題です。岡山南高校の生徒は勉強をかなり進めているようで、ほぼ全ての班が全問正解を達成しました。

 採点後、「どこがどう違っているのか?」や「(正解の場合でも、)問題につかわれている、この言葉の意味は何か?」などの解説があり、〇×問題も奥が深いなと思いました。「時間に余裕があれば、その部分を生徒に発言させても面白いな」と考えながら観ていました。

 続いては、正解ワードについて、各班が割り当てられた正解ワードの一文字を解答しながらクラス全体で正解ワードにつなげるという問題でした。残念ながら、数班が違った一文字を掲げてしまい、クラス全体としては正解に至りませんでした。間違った一文字を掲げてしまった班が、どんな正解ワードを想定していたのか知りたくなりました。

 いよいよ8/28(金)午後4時からは、大宮商業高校と浦和商業高校の生徒が日本大学岸本ゼミのゼミ生出題のクイズに挑戦します。

 この取組は、来年度、埼玉県で開催される全国産業教育フェアで、参加生徒を全国にまで広げて実施する予定です。

 

 

 

【写真内の丸数字は各班の班番号】

各班は10文字の正答ワードを想定しながら、自身の班番号の一文字を解答する。

※ 個人情報保護のため、写真は若干ぼかして表示しています。