校長室より

大健闘!浦商野球部【校長ブログ】

 7/10(日)、第104回全国高校野球選手権埼玉大会第2回戦が行われ、浦商は大宮高校と試合を行いました。

 初回裏にいきなり3点を取られ、4回裏にはさらに1点を追加され、4点のビハインド。浦商は6回表に3点を取り、1点差に迫りました。しかしながら、6回裏に5点を取られ、今度は6点のビハインド。7回表には2点を取り4点に差を縮めるも、7回裏に3点を取られてコールド負けとなりました。敗れこそしましたが、随所に浦商の強みが発揮され、大健闘でした。

 
浦 商  0   0   0   0   0   3 2       
大 宮  3   0   0  1   0   5  3×     12

 浦商野球部の塚越主将(3年)は、試合後、「強みの打撃で勝とうと思っていた。強みを少し出せて良かったが、勝利できず悔しい。」(埼玉新聞7/11[月]朝刊より)と述べていました。

 また、当日は、吹奏楽部やダンス部、そして多くの浦商生や保護者の方々、卒業生、教職員が応援のために川口市営球場に駆けつけてくれました。チーム浦商として、まとまり感のある応援を展開してくれました。ありがとうございます。

【写真】1枚目:試合開始(両校整列)、2枚目:試合中の応援の様子