校長室より

進路指導は1年次から「キャリア教育」として始まっている!【校長ブログ】

11/21(火)、第1学年は「パネルディスカッション」を実施しました。パネラーは、大学、専門学校,企業、官公庁(公務員)の方4名です。

このことについて、生徒・保護者向けの「1学年通信」(18号・11/24付け)において、本校でキャリア教育が効果的に実施されている様子が伺える記述がありましたのでお知らせします。

【ガイダンスを終えての生徒の感想】※抜粋

〇自分たちが今後の生活で何をして、何をするべきなのか、どのような行動を起こしていけばいのかを知れてよかった。今後はどのような気持ちや考えでその仕事や進学したのかを聞いてみたい。
〇早めの準備が必要だと思った。高校生活はなんとなく過ごすのではなく、多くの体験をし、成功と失敗を重ねていくことが大切だと感じた。残り2年で「頑張ったこと」を作っていきたいと思う。
〇4つの進路先の方々が共通して言っていたことは、調べる・体験してみることが大切と言っていたので、どの進路にせよこの二つを大切に進路実現していこうと思います。
〇進学と就職の違いや今から出来ることなどを沢山聞けたので、よかったです。進学にも就職にも共通して高校生の内からは、様々なことを経験しておくと良いと聞いたので、高校生活を日々なぁなぁに過ごすのではなく、失敗したことでも次に活かすことができるので、考えを続けることを大切にしていきたいです。

 【1年進路ガイダンスⅡ】こちら

【写真】1・2枚目:MY STRENGTH=カードを利用して自分の強みを発見するワーク、3・4枚目:パネル・ディスカッション