校長室より

キャリア教育・進路指導の浦商【校長ブログ】

4/12(月)1時間目、本年度のキャリア教育・進路指導がスタートしました。

第1学年は、浦商版キャリア・パスポートの記入です。キャリア・パスポートとは、「自らの学習状況やキャリア形成を見通したり、振り返ったりしながら、自身の変容や成長を自己評価できるよう工夫されたポートフォリオ(書類をまとめたもの)」です。このキャリパスは、主体的に学びに向かう力や態度を育てるツールです。本日は、中学校時代を振り返って、高校生活をどう送るかについて考えてもらいました。

第2学年は職業適性検査、第3学年はSPI検査を行いました。いずれも職業についての能力や適性を測定する検査です。キャリア(生涯において果たす自らの役割の価値と自分との関係を見出していく積み重ね)という大きな枠組みの中から、自身の進路を考える参考としてください。

これまで抜群の進路実績をあげてきた浦商は、キャリア教育という大きな枠組みの中で進路指導を行っています。

【写真】

1年生のキャリパスの作成(1枚目・2枚目)

2年生の職業適性検査(3枚目)

3年生のSPI検査(4枚目)