校長室より

さんフェア大分大会リハ・本番【校長ブログ】

【10/23(金)埼玉県庁】

 翌日開催の「第30回全国産業教育フェア大分大会」に向けて、埼玉県の生徒実行委員会正副委員長による打ち合わせ(午前)と、ビデオ会議による大分県との合同リハーサル(午後)が行われました。

 午前中は、正副委員長4名(浦商は副委員長として参加)が、午後に大分県の生徒実行委員会と一緒にビデオ会議で行う「参加交流イベント」と「総合閉会式」に向けたリハーサルに関する打ち合わせを行いました。

 実は、これまでの生徒実行委員会はすべてオンライン上で行ってきたため、4名の正副委員長は本日が初めての対面でした。マスクを外しての「他己紹介」から始まり、その後、大分大会のリハーサルや本番に向けた打ち合わせとなりました。

 

 

 

 

 

 

[写真]他己紹介@教育委員会室

自己紹介をしてもらった相手を他のメンバーに紹介する。

 

【10/24(土)埼玉県庁】

 午前中は、前日に引き続き、打ち合わせと練習を行いました。

 午後は、いよいよ大分大会の「参加交流イベント」と「総合閉会式」にテレビ会議システムで参加します。

 「総合閉会式」では、来年度の埼玉大会に向けた引継ぎも行われます。

 

 

 

 

 

 

[写真(左)]打ち合わせの様子

[写真(右)]練習の様子(左側は委員長、右側女子生徒は浦商の副委員長)

 

【大分大会や総合閉会式の様子】

https://sanfairoita2020.com/report/

※埼玉県の出番(教育長と生徒実行委員会委員長)は閉会式(レポート⑩)の最後の方となります。