校長室より

先生も学ぶ夏休み【校長ブログ】

8/22(月)、浦和商業高校において、「商業科教員のためのケーススタディ研修会」(埼玉県商業教育研究会主催)を開催しました。

この研修会は、埼玉県の商業科教員を対象に、マーケティングに関するケーススタディについて学ぶものです。

「ケーススタディ」とは、ある企業や組織のマネジメントやマーケティングについてまとめられたケースを読み解きながら、その企業等が考え行動するための原理・原則を導き出すものです。この研修会は、今回が5回目(年1回開催)であり、延べ約100名の商業科教員が参加し、ケーススタディのスキルを向上してまいりました。今回は、県内から12名の商業科の先生が参加し、楽しみながらケーススタディの研修を進めていました。

【写真】1枚目:グループごとに思考アプリ「Google JamBoard」を使いながら、各自の考えを出しながら(拡散)まとめていく(収斂)。2枚目:各グループへアドバイスを行う、産業能率大学経営学部長の髙橋聡教授。3枚目:各グループの発表と質疑応答、髙橋教授からのアドバイス。