校長室より

リテコン練習会開催【校長ブログ】

 リテコンは、埼玉県の商業高校生が、日本大学商学部の岸本徹也教授ゼミナールが作成したマーケティングに関する問題に挑戦するクイズ大会です。早押し問題だけでなく、チームで考えて短文で解答するチーム問題や、企業の事例研究であるケース問題に取り組みます。リテコンは、11/12(土)に大宮ソニックシティで行われる第32回埼玉県産業教育フェアにおいて、埼玉県の商業高校生の参加を得て開催します。

 本日(8/2[月])は、そのリハーサルを兼ねて、県内6校から14名の生徒の参加を得て、浦和商業高校において練習会を開催しました。

 参加した商業高校生からは、「面白かった。」や「少し物足りなかった。もっとたくさんの問題に挑戦したかった。」などの感想をもらいました。

 また、引率の先生方からは、「アプリを使った早押し問題は、視覚的にわかりやすく、音声も入っているのでクイズらしさが演出できていた。」、「ケース問題は、各チームの解答をスクリーンに映すなどして公平性や透明性を高めると、参加・視聴している人の納得感も高まると思われる。」、「企画・運営を行った、日本大学商学部の岸本ゼミの学生の司会進行が上手なことに大変感心した。さぞかし時間と労力をかけて準備されたものと推察する。」などの意見をいただきました。

 いただいた感想や意見を参考にして、本番では参加している生徒が楽しく、かつ観ている人がワクワクするような、よりよいリテコンを開催したいと思います。

 なお、リテコンの募集については、9月初中旬に各学校宛てに開催通知を発出する予定です。多くの商業高校・商業高校生の参加をお待ちしています。

【リテコン練習会出場校(8/1[月])一覧】上尾高校、岩槻商業高校、越谷総合技術高校、新座総合技術高校、所沢商業高校、浦和商業高校

【写真】1枚目:「主催者代表挨拶」日本大学商学部:岸本徹也教授、2枚目:「埼玉県産業教育フェア商業部会主査挨拶」岩槻商業高校:大村勝幸校長先生、3枚目:「司会進行」日本大学商学部:岸本ゼミ生、4枚目:チーム問題「相談してフリップに答えを記入」、5枚目:リテコン後の大学生と高校生の座談会、6枚目:リテコン全景(パノラマ)