校長室より

【校長ブログ】商品開発の進化

 12/16(月)、高等学校生徒商業研究発表大会の全国大会に出場したOA部は、その研究を継続し進化し続けています。

 今回は、商品開発を支援してくださっている「小さな菓子工房」の東里さんが、OA部員の意見を集約して試作したクッキー(うなぎの廃棄食品を生かしたクッキー)を持参されました。そして、再度、試食会を行いました。

 OA部員からは、「2層のクッキーを一つにまとめてあり味が重層的で楽しめる。噛んだ時、その2層が縦に割れるので、少し食べずらいと感じた。」、「うなぎの廃棄部分を入れたクッキーが特徴だが、”うなぎ”らしさをこれ以上味で訴えるのは難しい。パッケージで訴求した方がよいのではないだろうか。」など、具体的かつ建設的な意見が続出しました。

 また、今回は、先日の給食で「うなぎの蒲焼」を提供した岸町小学校の校長先生とコーディネーターの先生も来校され、一緒に試食をしました。「ぜひ本校のお祭りでこのクッキーを提供してもらいたい」、「浦和名物の”うなぎ”つながりで、これからも連携していきたい」などの意見をいただきました。

 東里さん、岸町小学校の校長先生、コーディネーターさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 ”うなぎ”の廃棄部分を利用したクッキー

 (試食段階ですので、はっきりとはお見せできません。) 

 

 

 

 

 

 

 試食後の研究会の様子