最 新 情 報

2024年2月の記事一覧

1年生 3年生による進路体験発表会感想

<3年生による進路体験発表会(1/31)についての感想>

・大学のオープンキャンパスに参加して、自分に合う学校を見つけていきたい。

・もっと検定の勉強をしないといけないと思った。

・先輩たちの話を聞き、改めて、浦商を選んだ理由を思い出し、自分に再びカツを入れられ、貴重な時間となった。

 

・とにかく成績をもっと上げていかなければならないと思った。

・早め早めの行動をとり、計画的に取り組んでいく必要がある。

・検定や成績の条件が合わずに受験できないことがないように、日々勉強して目標に向かって頑張りたい。

・このままではまずい。勉強して成績をあげないといけない。

・進路を徐々に明確にして、見学にいくなど早めに行動していかなければならない。

・1年生の成績が悪くても、頑張れば2年生からでも挽回できる。

・どの道に進んでも困らないように、今からの準備が必要だ。

・大学に行く人は一般受験をする人は少ないとわかった。

・日頃の授業や検定取得が重要だとわかった。

 

先輩たちが今まで行ってきた活動について聞き、発表内容はもちろん発表態度の素晴らしさにも驚き、刺激の多い時間となりました。

 

「ぽん太のタヌキ日記」 57 木登り名人は誰?

みなさん!こんにちは!タヌキの”ぽん太”です!

「ぽんたのタヌキ日記」 57 

アライグマ・ハクビシン・タヌキ!

木登り名人は誰?

浦商のある白幡エリアには、僕たちタヌキの他にもアラグマやハクビシンも住んでいます。校内のカキの木の実はみんな大好物なので、いつもみんなが集まってくるんだ。高いところに登る事が出来ればそれだけ美味しい実を食べる事ができて得なんだけど、木登りの実力は、それぞれ違うのさ。今日は、そんな動物たちの木登りの様子をまとめて見てもらいます。お楽しみにネ!ポンポコ!

写真:赤羽西口にある「大坂」。

周辺にはタヌキにまつわる民話が残っていて「タヌキ坂」とも呼ばれる。赤羽台地にタヌキがたくさん生息していたんだね。

 

「ぽん太のタヌキ日記」は、校内や隣接する白幡沼周辺に生活するタヌキたちの様子をご紹介する記事です。2021・2022・2023年と続けて子ダヌキが産まれ、毎年4~7頭のタヌキファミリーが観察されています。タヌキたちが生息できる素敵な環境を大切にしたいと思っています。記事は随時更新をしています。

 

 ※「ぽん太のタヌキ日記」は、浦商サイト「もくじ」の「教科」から「理科」のボタンを押すか、「新着情報」からタイトル選択をすると、過去の記事を見る事ができるよ。

 

※校内や白幡沼でタヌキなどの野生動物と出会ったら、エサをあげたり、近づいたりせずに、遠くから静かに観察してあげてください。

全商検定9種目1級取得達成 

情報処理科 小島 怜已さん(3年生)快挙!!

 全国商業学校協会主催 検定資格種目合格 

情報処理検定

(プログラミング部門)

情報処理検定

(情報処理部門)

簿記実務検定
財務諸表分析検定 英語検定 商業機材検定
ビジネス文書実務検定 ビジネス計算実務検定(電卓) ビジネス計算実務検定(珠算)

 上記9種目を取得し、「9冠」になります。取得するために、1年次から3級の取得をはじめ、現在20枚(全商のみ)合格証書を取得しています。小島さんは、今まで触れたことのない「珠算(そろばん)」も基礎から始め、努力を重ねて1級を取得しました。

小島さんは、「9種目を取得した高校3年間で、検定で得た知識以外にも目標に向かってコツコツ努力を続ける向上心や継続力が身に付いたと感じています。」とお話してくれました。その表情はとても晴れやかで輝いていました。

さらに本校3年生は、         

全商1級7種目  2名  全商1級6種目  5名 
全商1級5種目 11名 全商1級4種目  22名
全商1級3種目 35名  

 たくさんの生徒が、1級を3種目以上取得しています。

本日から家庭研修に入りましたが、2月4日(日)に最後の検定があり、多くの生徒が受験します。

常に頑張る3年生。最後の検定の健闘を祈ります。

【インスタ動画】こちら